「逆襲の広報PR術」3刷りの増刷がかかりました

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人の書籍「逆襲の広報PR術」を全国書店にて販売しております。中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者の皆様にオススメの一冊です。
amazon でもご購入いただけます。

逆襲の広報

内容紹介

多品種少量生産の時代には、広報PRが重要!

ところが、中小企業では専門の広報部門はなく、営業マンや総務などがPR業務を兼務しているケースがほとんどだ。専門的な知識やノウハウに欠けるケースが多く、プレスリリースの一斉送信をすることが広報PRの仕事だと勘違いしている人も……

しかし、それだけでは取材につながるケースはごくわずか。社内のコストセンターとみなされて、他部署からの冷たい視線にさらされることも多い。

では、一体どうすれば小さな会社でも実効的な広報PRを行えるのか?中小企業やベンチャー企業、スタートアップなどの「小さな会社」専門の広報請負人であり、雑誌編集者→ベンチャー企業の広報PR担当者→PR会社社長という異色の経験を持つ筆者が、「こんなに公開しても大丈夫?」と言いたくなるほど、いま、多くの会社に求められているノウハウをとことん解説した1冊です!

内容抜粋

はじめに
“小さな会社”にこそ広報PRが必要だ!

第1章
広報PRのさまざまなメリットと変わる役割

・広報PRのパラダイムシフトを見逃すな
・潜在顧客を増やし、顕在顧客も増やす
・ネット上での誹謗中傷や炎上対策にも役立つ

第2章
プレスリリースの一斉配信なんて いますぐやめなさい!

・プレスリリースの常識を疑え!
・一斉配信された情報に価値はない
・受取確認&取材依頼の電話をしてはダメ!

第3章
自社のためだけの “使える”メディアリストをつくる!

・急がば回れで「報道の連鎖」を引き起こす
・メディア別「報道分析」の基本と応用
・「電話プロモート」のコツあれこれ
・「メディアキャラバン」必勝法

第4章
ゲリラ的広報PR 秘蔵ノウハウ 50連発!

・マスコミ関係者とのコミュニケーション&関係構築
・メディア別攻略法:テレビ
・メディア別攻略法:新聞&雑誌
・PRネタのひねり出し方
・経営戦略としての広報PR
・広報担当者の採用&育成ノウハウ
・PR会社との付き合い方

cropped_01(野澤)_300-300
野澤 直人(のざわなおひと)
・株式会社ベンチャー広報 代表取締役
・株式会社ガイアックス 執行役

【著者略歴】
大学卒業後、経営情報サービス会社に入社。 マスコミ業界に転じ、ビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上を取材。その後、当時無名だった海外留学関連のベンチャー企業に参画し、広報部門をゼロから立ち上げ毎年100~140件のマスコミ露出を実現。5年で売上10倍という同社の急成長に貢献する。 2010年に日本では珍しいベンチャー企業専門のPR会社として株式会社ベンチャー広報を創業。以来10年間でクライアント企業は400社を超える。宣伝会議での広報セミナーの講師など、講演・講師実績も多数。著書に『【小さな会社】逆襲の広報PR術』(すばる舎)。 2014年より名証セントレックス上場のIT企業・株式会社ガイアックスの執行役を兼務。