2020/11/11

メディアへの“オンライン面談で失敗しない”3つのコツ

広報PRノウハウ

スタートアップのためのPR会社
ベンチャー広報の島田です。

新型コロナウイルスの影響で新しい生活様式が浸透しはじめ、記者さんへの情報提供の形が大きく変わった広報担当者さんも多いかと思います。特に、これまで直接面談でご案内していたものがオンラインへ変わり、ZoomやらGoogle MeetやらTeamsやら、色々なウェブ会議ツールも使いこなさなければなりません。

最近ではオンラインでの対応を快く受けてくださる記者さんも増え、30分でも情報提供のお時間をいただけることも! 貴重な記者さんへの情報提供で慌てないよう、オンライン面談で失敗しない3つのコツをお伝えします。

(1)情報提供資料を、事前に隅々までチェックする

使い慣れた資料のはずが、オンラインでの情報提供になると、急に魔物へ化けてしまうことも…。直接会ってご案内する場合と、オンラインの画面共有でご案内する場合とで、「いつもと違う資料になってしまった」という感覚に陥った広報担当者さんが、いらっしゃるのではないでしょうか。

私自身も「いつもの資料のはずなのに、いつもの資料じゃない」感覚に混乱し、残念なご提案になってしまったことがあります(記者さんの懇意で、リベンジのお時間をいただき無事取材に繋がりましたが…お恥ずかしい経験です)。

いつも使っている資料だから大丈夫と思わず、情報提供で使用する資料の何ページにどんな内容を記載したか、特に訴求したいポイントはどのページに記載しているかなど、事前に細かくチェックしましょう。

(2)トークスクリプトを作る

提示する資料の準備だけでなく、トークスクリプトも用意しておきましょう。トークスクリプトなんてカンペのようで抵抗感があるかもしれませんが、オンラインでの情報提供は直接の情報提供と違い、五感を使った情報発信ができなくなります。

見せたいページまで一気にめくれない。戻るべきページにスッと戻れない。場合によっては実物も見せられない。そのため、「あれ? 今なに話していたんだっけ?」などと、話している自分自身が混乱することもあります。

限られた時間の中で届けたい情報を正確に伝えるためにも、トークスクリプトの存在は、あなたの味方になってくれます! トークスクリプト内に、資料の該当ページをメモしておくとページめくりの時に迷わなくて安心です。

(3)情報提供資料のデータを事前に共有する

画面共有する情報提供資料は、ダウンロードなどできるよう事前に準備しておいてください。そして、オンライン面談の直前にダウンロードURLを共有しましょう! 場合によっては、先に送っておくのもありです。

情報を聞く立場からすると、モニターに表示された資料を相手のペースでページ送りされ、自分の読みたいペースで読めず、自分が気になる情報があっても、立ち止まれないというのは相当ストレスが溜まります。

情報提供後に、気になる点や質問がないか問いかけると思うのですが、それだけでは残念ながら質問が出やすい状況は作れません。情報の受け手である記者さんが、自分のペースで資料が読める環境づくりを心掛けることで、双方にとって良い情報交換ができるはずです。

ここまで、オンライン面談で失敗しないコツを、3つほどお伝えしましたが、実際に記者さんに情報共有する前に、社内でシミュレーションを実施するとよいでしょう。ただ、そうした事前準備が、なかなか難しいという企業広報さんもたくさんいらっしゃるかと思います。

ベンチャー広報が提供するオンラインサロン「ゼロイチ広報」では、当社のPRコンサルタントが会員様のご相談をオンラインでお受けする「30分個別コンサル」というコンテンツがあります。

ぜひこちらの個別コンサルも、30分という時間で情報提供するスキルアップにご活用ください!

■ 広報初心者のためのオンラインサロン・ゼロイチ広報

・「スタートアップ・中小企業の広報担当者でゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

ゼロイチ広報では、こんな方々をお待ちしています! 詳しくはコチラ

毎週「広報PRノウハウ・メルマガ」配信中

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報のコンサルタントが、10年以上培ってきた広報PRノウハウを、登録無料のメールマガジン(週1回配信)でお届けしています。

・「広報PRについて、ゼロから学びたい」
・「広報担当者はいないが、これから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして、独立(または転職)できるスキルを身に付けたい」
とお考えの方は、[広報PRノウハウ・メルマガ]を登録ください。メディアの編集長などが登壇するセミナーやイベントのお知らせも、随時掲載しております。

「サービス案内・料金表」資料の請求について

株式会社ベンチャー広報の「サービス案内・料金表」資料は、コチラから請求ください。

【内容】
・私たちのめざすもの:PR会社は大企業だけのものじゃない
・特徴:スタートアップに最適化したサービスと価格/経営戦略の視点から広報PRを支援
・PRのメリット:スタートアップ・ベンチャー企業にこそ広報PRが必要
・PRについて:企業と人々をメディアでつなぐ
・PRの効果:効果は顧客向けだけではない
・サービス:PR戦略/報道調査分析/報道用資料/メディアリレーション/メディアリスト/記者発表会
・スタートアップに最適化した当社独自の理論とフレームワーク:プレスリリースは送るな/経験から学び、戦略をアップデートする/目指すは「マスコミ報道の連鎖」
・料金

ベンチャー広報への「お問い合わせ」

リテナー契約(広報の業務代行)やコンサルティング契約(広報の個別指導)、人材採用など、ベンチャー広報への各種お問い合わせは、コチラからお願いします。

広報PRパーソン育成のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」

「一人広報」「広報PRの初心者」で、こんなことに困っていませんか?
●スタートアップ・中小企業の広報担当者で、実践的な広報PRをゼロから学びたいが、専門スキルを持った相談相手が、身近にいない…。
●広報担当は会社でたった一人なので、広報担当同士で横のつながりが欲しいが、なかなか交流の場がない…。
●PRパーソンとして、独立や転職を考えているが、今の自分の広報スキルに不安がある…。

そんな悩みを解決するオンラインサロン「ゼロイチ広報」の詳細や申し込みはコチラから。