PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRセミナー 7/18(火)についてはこちら


中小ベンチャー企業のためのPR会社 ベンチャー広報

広報PRに関するブログやコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人

記者に「今すぐ取材したい」と思わせるには

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

記者や編集者に直接面会して、プレスリリースを見せながら取材の依頼をした時、こんなリアクション、よくありますよね。

「取材を検討して、またご連絡します」「とりあえず、情報はストックさせて頂きます」「この内容にあった特集企画があっときに、また声かけますね」

この反応は悪くはないのですが、今すぐに取材になる可能性は、ほぼありません。こんな時、皆さん、どうされていますか?

プレスリリースのニュース性が低かったから仕方ない、とあきらめている方が多いのではないでしょうか。残念ながら、それでは広報担当者として半人前です。

では、どうすればいいのか。

まず、先ほどの断り文句を言った記者さんの心理(心の中の声)を想像してみましょう。私もマスコミにいた経験があるのでわかりますが、記者さんは、おそらくこう考えています。

「内容は面白いのだけど、一社の情報だけだと単なる宣伝になっちゃうな。」「うーん・・・。このネタ、今、取材する理由がなさそう。」「このプレスリリースだけじゃ、デスク(上司)を説得できないよ。

こういった場合、記者を説得してすぐ取材してもらうには、プレスリリース以外に、別の資料(説得材料)が必要です。記者をその気にさせることを目的にした資料なので、私は自分で「動機付け資料」と呼んでいます。

その内容は、自社商品に関連する社会問題やトレンド、業界の最新動向、競合他社の情報などを、直近のマスコミ報道(記事等)や公的機関の統計などをもとに具体的かつ詳細にまとめたもの。

競合他社の情報があれば、まとめた記事も書けますし、何より、今、なぜこの情報を取り上げるべきなのか、記者にとって明確になります。

こういった資料を作るのは、少々手間がかかりますが、私の経験上、記者と面談したときにうまく使えば、取材獲得率がアップすること間違いありません。

広報PRのプロフェッショナルを目指すなら、ぜひトライしてみてください。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。