PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRセミナー 7/18(火)についてはこちら


中小ベンチャー企業のためのPR会社 ベンチャー広報

広報PRに関するブログやコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人

1分で事業の説明ができないと、PRはできません

広報PRにたずさわる人間には、高いコミュニケーション能力が求められます。ただし、高いコミュニケーション能力=トークが上手、ではありません。むしろ逆です。広報PRの現場では、しゃべりすぎて失敗するケースが多々あります。しかも、残念なことに、失敗した本人はそれに気づいていないことが多い。

情熱があるのはもちろん良いことですが、プロフェッショナルなら、ハートは熱く、頭はクールにいきましょう。例えば、マスコミの人に電話でコンタクトする場合、自社の商品・サービスについて電話で長々と説明する広報マンがよくいますが、これは絶対NG。相手に嫌われるだけです。

「面白い情報があるので、今、1分だけ時間もらえませんか?」と前置きして、伝えたい内容の要点だけを簡潔に説明しましょう。興味をもってくれたら、「詳しくはお目にかかってご説明させてください」といって、アポイントの日時調整に入ります。

電話の1分で相手に興味を持たせられなければ、あなたの負けです。成功確度を高めるために、しっかり準備をしましょう。初心者の方は、自分が話す内容を文章に書いて、相手に刺さる内容になっているかを精査してみてください。伝えたい情報の本質を理解していれば1分間でもそのネタの魅力は伝えられるはずです。

マスコミ関係者に直接会って情報提供をするいわゆる「メディアキャラバン」でも、しゃべりすぎは禁物。記者相手に、自社商品の魅力をこれでもかとまくしたてる広報マンがいますが、実は相手からするとうんざりなんです。

自分がしゃべるのは面会時間の3割くらいにおさえて、7割は、相手にしゃべらせるように心がけましょう。そこで必要になるのが「質問力」。ぜひこのスキルを磨いてください。