経営陣のインタビュー取材を成功させるコツとは

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

広報担当者であれば、
取材や各種イベントなどで経営陣とコミュニケーションを取る機会は多いでしょう。

中でも、
社長は、広報PRにおいて、最も強力なコンテンツです。

社長のコメントを上手く誘導し、取材をアレンジすることで、狙い通りの記事を獲得することができ、

結果、
企業や商品のPRが大成功、というケースも、少なくありません。

本コラムでは、
経営陣への取材を例に、より効果的な記事を獲得するためのコツをお伝えします。

ご自身で直接広報を担当されているという経営陣の方にも、参考にしていただければ幸甚です。

まずは企業理念、ビジョン、事業内容、経営計画などについて深く理解しましょう

広報は、
社外の人(主にメディア)に自社を紹介するのが仕事です。

基本的なことですが、
そもそも自社がどんな思いを持ってどんな事業をしているのか、

そして、
何を目指しているのかについて深く理解することが大切です。

商品やサービスはもちろんのこと、企業理念やビジョンなど自社が大事にしていること、会社概要や事業内容といったスペック、経営計画・事業計画を正しく理解しましょう。

アプローチ・取材前には、しっかりと広報戦略や開示内容について摺合せしましょう

次に、
取材やアプローチなど具体的な施策に入る前に、経営陣と広報戦略について摺合せをしましょう。

トピックは、
経営計画・事業計画の中で広報が担う役割、広報戦略、現状のステータスなどで充分です。

いざ取材となれば、
一般的なメディアの性質、今回取材されるメディアの特徴、記者の経歴や過去記事、取材主旨、想定質問などを伝えた上で、今回目指す記事イメージとそこから逆算した回答内容を摺合せます。

開示範囲を明確にするために、
Q&A(想定質問と回答)を作っておくとよりスムーズです。

経営陣と広報がこの部分をしっかりと共有している企業はおしなべてとてもイメージコントロールが上手く、誰に聞いてもコメントに整合が取れているのでメディアから見た時にも好印象です。

取材中~取材後もスピーカーのフォローを忘れずに

基本的に、
取材にオフレコは存在しません。

一度口にした言葉はすべて取材の素材となるので、記事化・オンエア化される可能性があることをスピーカーにしっかりと認識してもらってください。

取材に慣れていないと、
記者独特の切り込み方に経営陣が戸惑ってしまうケースもあります。

良い精神状態で臨んでもらうためにも和やかな空気になるように進行させ、スピーカーの言葉が過ぎたところや足りないところは適切にフォローしておきましょう。

そして、これは大事なことですが、
オンエア・掲載されるまで尺や記事サイズ、論調が分からないこと、重大ニュース等でオンエアや記事がなくなる可能性があることもしっかりと伝えておきましょう。

誤解を受けないためにも、仕事内容について積極的に経営陣の理解を求めてください

あるあるですが、
経営陣の取材後に広報が言われがちな台詞に
「あんなに取材に時間を割いたのに、ちょっとしか映らなかった。がっかりだ」
があります。

せっかく志を持って頑張って広報活動をしているのに、単純な摺合せ不足のせいで広報の力不足だと誤解されるなんて、非常にもったいないと思いませんか。

広報はとてもやりがいがある、楽しい仕事です。

だからこそ、
自身のモチベーションを維持するためにも、経営陣にもしっかりと「広報」をPRしましょう。

野澤直人


 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

6/21『逆襲の広報PR術』増刷記念・広報PRセミナー

 
こんにちは。ベンチャー広報の野澤です。

拙著『【小さな会社】逆襲の広報PR術』の増刷を記念して、
朝日新聞・斉藤泰生氏、プロトスター株式会社 COO・山口豪志氏をゲストに迎えトークイベントを開催します。

朝日新聞の記者とデスク、AERA記者と豊富な取材経験をもつ斉藤氏からはマスコミの立場から、ランサーズの広報として活躍後、現在、多くのスタートアップ支援に関わる山口氏からは事業戦略の視点から、「ベンチャー企業・スタートアップの広報」について大いに語って頂きます。

美味しいランチとコーヒーをご提供しますので、リラックスした雰囲気の中でお楽しみください。

なお、野澤の著書、山口氏の著書をお持ちの方は割引で参加可能です。

<トークイベントの内容(予定)>

  • マスコミが取材したくなるプレスリリースとは
  • 中小ベンチャー企業が朝日新聞やAERAから取材されるのに必要なこと
  • マスコミから見た「こんな広報担当者は嫌だ!」
  • 朝日新聞の記者とデスクの仕事内容のちがいは?
  • 朝日新聞とAERA(雑誌)の編集体制を比較する
  • ランサーズがなぜ広報で大成功できたのか
  • スタートアップが広報活動に取り組む意味とその効果
  • 広報を事業戦略に直結させる方法
  • 広報未経験の人材を短期間で一人前の広報パーソンにするには
  • ゼロから広報部門立ち上げる時のポイント

<セミナー概要>
日時:2018年6月21日(木)12:00~13:30(受付開始 11:30)
会場:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID(東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員:先着50名
費用:8,000円(税込)※ランチ・コーヒー付き

  • 参加費用は、セミナー当日、受付にて現金でお支払いいただきます。
  • 領収書の宛名は、お申込時にご指定いただきます。変更がある場合は、当日受付にて承ります。
  • 野澤の著書(『【小さな会社】逆襲の広報PR術』)をご持参頂くと3,000円割引
  • 山口氏の著書(『0 to 100 会社を育てる戦略地図』)をご持参頂くと3,000円割引
  • 双方の書籍をご持参頂くと6,000円割引

<スペシャルゲスト>
朝日新聞社 企画事業本部 事業開発部長 斉藤泰生氏
1990年、朝日新聞社入社。長崎、静岡勤務を経て東京本社編集局に配属。厚生労働省で労働分野を担当したほか、消費者問題や家族、教育などをテーマに長く生活部記者を務める。週刊誌「AERA」では事件、経済、風俗など執筆、表紙も担当する。生活部デスクとして東日本大震災の報道に携わった後、事業部門に移り、総合通販「朝日新聞SHOP」を立ち上げるなど、新規事業開発に取り組んでいる。

プロトスター株式会社 代表取締役COO 山口豪志氏
茨城大学 理学部卒。2006年からクックパッド株式会社にて、広告事業・マーケティング事業の創成期より参加、2009年の同社IPOにトップセールスとして貢献。2012年より3人目の社員としてランサーズ株式会社に参画し、ビジネス開発部部長として大手企業との事業提携・協業、広告企画の販売開始などを実行。その後、社長室広報チームリーダーにて、クラウドソーシング業界の普及啓蒙活動に尽力。2015年5月に株式会社54を創業。常時約30社のスタートアップ企業のアドバイザーとして事業戦略策定、BtoBアライアンス支援、広報部門立ち上げ等のコンサルティングを行う。2017年7月よりプロトスター社へ参画。著書『0 to 100 会社を育てる戦略地図』(ポプラ社)

<モデレーター>
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
 

20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。

お申し込みフォーム

申込内容
会社名(必須)
フリガナ
参加者名(必須)
フリガナ
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
住所(必須)
領収書の宛名(必須)
文字を入力して下さい(必須)
captcha