こんな広報担当者は嫌われる!?

こんにちは。ベンチャー広報の野澤です。

仲の良いマスコミの方と会食をしていると、
「このあいだ、◯◯な広報の人がいてさー、…」
という、記者の本音を聞くことがあります。

私も以前、雑誌の編集者として、
マスコミ側にいたことがあるので、記者の本音には、共感することが多いです。

今回は、
広報の側にいると意外と気づかない、マスコミから見た「こんな広報マンは、…」をご紹介します。

※特に、広報初心者の方はご注意ください。

話しの長い広報マンは嫌われる!?

自社の商品・サービスの魅力を伝えるのが広報の仕事とはいえ、一方的に、長々と話しをされると、聞かさせる方(マスコミ側)はうんざりです。

電話での会話は1分。
直接会ってなら10分。

これくらいの時間で説明してもらえれば、
記者なら、だいたい取材の要否を判断できます。

その上で、
もしそのテーマに興味があれば、記者から質問が出てきます。

※質疑応答で時間が長くなるのはもちろんOKです。

質問が出てこなければ、そのテーマには興味がない、というサインだと思っても過言ではないでしょう。その場合は、無理押しせずに、潔く良く退散しましょう。

つまり、
短時間で、如何にPRネタの魅力を語れるかが、広報マンに求められるということです。

「プレスリリース届きましたか?」の電話はNG!?

編集部にいると必ずかかってくるこの電話。
「プレスリリース届きましたか?」って言われても、
編集部にいるのは自分ひとりじゃないし、
そもそもリリースは大量に届くので、いちいち確認できません!
というのが、マスコミの本音です。

こんな広報担当者は嫌われる!?

『○○○○編集部御中』
と書いたプレスリリースを送って、
「届きましたか?」
「見てもらえましたか?」
と電話している広報の方、
本当にやめたほうがいいですよ。

どうせやるなら、ちゃんと相手の名前を調べて、記者の個人名を書いて送りましょう。その場合なら、確認の電話をするのもOKでしょう。

記事の内容に口を出してはいけない!?

広告ではなく、報道として取材しているのですから、
掲載する記事を事前に取材先に見せることは原則しない、
というのがマスコミのスタンスです。

これを理解せずに「事前に原稿を見せてください」
と平気で言ってくる広報マンが結構います。
マスコミ側からすると、正直、ウ◯いです。

ただ、記者も誤報がこわいので、事実確認のため(商品名、社名、連絡先など)、事前に広報担当者に原稿を見せることは実際にはあります。

見せたら見せたで、広報担当が、
「この見出しは気に入らないので変えてください」
「この部分の表現をこう直してください」
「これについては書いてもらっては困ります」
とか、原稿内容について色々と注文をつけてきたりするんですよね。

こんな広報担当者は嫌われる!?

「だから原稿を事前に見せるのは嫌なんだよ!!!(怒」
これが、記者・編集者の心の叫びです。

心当たりのある方、
くれぐれもご用心ください。


 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

6/21『逆襲の広報PR術』増刷記念・広報PRセミナー

 
こんにちは。ベンチャー広報の野澤です。

拙著『【小さな会社】逆襲の広報PR術』の増刷を記念して、
朝日新聞・斉藤泰生氏、プロトスター株式会社 COO・山口豪志氏をゲストに迎えトークイベントを開催します。

朝日新聞の記者とデスク、AERA記者と豊富な取材経験をもつ斉藤氏からはマスコミの立場から、ランサーズの広報として活躍後、現在、多くのスタートアップ支援に関わる山口氏からは事業戦略の視点から、「ベンチャー企業・スタートアップの広報」について大いに語って頂きます。

美味しいランチとコーヒーをご提供しますので、リラックスした雰囲気の中でお楽しみください。

なお、野澤の著書、山口氏の著書をお持ちの方は割引で参加可能です。

<トークイベントの内容(予定)>

  • マスコミが取材したくなるプレスリリースとは
  • 中小ベンチャー企業が朝日新聞やAERAから取材されるのに必要なこと
  • マスコミから見た「こんな広報担当者は嫌だ!」
  • 朝日新聞の記者とデスクの仕事内容のちがいは?
  • 朝日新聞とAERA(雑誌)の編集体制を比較する
  • ランサーズがなぜ広報で大成功できたのか
  • スタートアップが広報活動に取り組む意味とその効果
  • 広報を事業戦略に直結させる方法
  • 広報未経験の人材を短期間で一人前の広報パーソンにするには
  • ゼロから広報部門立ち上げる時のポイント

<セミナー概要>
日時:2018年6月21日(木)12:00~13:30(受付開始 11:30)
会場:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID(東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員:先着50名
費用:8,000円(税込)※ランチ・コーヒー付き

  • 参加費用は、セミナー当日、受付にて現金でお支払いいただきます。
  • 領収書の宛名は、お申込時にご指定いただきます。変更がある場合は、当日受付にて承ります。
  • 野澤の著書(『【小さな会社】逆襲の広報PR術』)をご持参頂くと3,000円割引
  • 山口氏の著書(『0 to 100 会社を育てる戦略地図』)をご持参頂くと3,000円割引
  • 双方の書籍をご持参頂くと6,000円割引

<スペシャルゲスト>
朝日新聞社 企画事業本部 事業開発部長 斉藤泰生氏
1990年、朝日新聞社入社。長崎、静岡勤務を経て東京本社編集局に配属。厚生労働省で労働分野を担当したほか、消費者問題や家族、教育などをテーマに長く生活部記者を務める。週刊誌「AERA」では事件、経済、風俗など執筆、表紙も担当する。生活部デスクとして東日本大震災の報道に携わった後、事業部門に移り、総合通販「朝日新聞SHOP」を立ち上げるなど、新規事業開発に取り組んでいる。

プロトスター株式会社 代表取締役COO 山口豪志氏
茨城大学 理学部卒。2006年からクックパッド株式会社にて、広告事業・マーケティング事業の創成期より参加、2009年の同社IPOにトップセールスとして貢献。2012年より3人目の社員としてランサーズ株式会社に参画し、ビジネス開発部部長として大手企業との事業提携・協業、広告企画の販売開始などを実行。その後、社長室広報チームリーダーにて、クラウドソーシング業界の普及啓蒙活動に尽力。2015年5月に株式会社54を創業。常時約30社のスタートアップ企業のアドバイザーとして事業戦略策定、BtoBアライアンス支援、広報部門立ち上げ等のコンサルティングを行う。2017年7月よりプロトスター社へ参画。著書『0 to 100 会社を育てる戦略地図』(ポプラ社)

<モデレーター>
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
 

20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。

お申し込みフォーム

申込内容
会社名(必須)
フリガナ
参加者名(必須)
フリガナ
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
住所(必須)
領収書の宛名(必須)
文字を入力して下さい(必須)
captcha