プレスリリースを送ってはいけない理由とは!?

ベンチャー広報の野澤です。

私が広報PRのコンサルタントとして、中小ベンチャー企業の広報担当者様からご相談いただく内容のダントツはこちら↓

「プレスリリースを送っても、取材にならなくて困っています、、、」

そもそも、、、「広報活動=プレスリリースをマスコミに送る」というのが、間違った固定概念・思い込みなのです。

実はプレスリリースを送らなくても、もっと効率よくマスコミから取材される方法があります↓

そのあたりの具体的な手法を説明するセミナーを近日開催予定です。
このメルマガの最後にご案内させていただきますので、ぜひご参加ください。

今回は、一般にはあまり知られていない中小ベンチャー企業が、「プレスリリースをマスコミに送るデメリット」の一部をお伝えします。

費用対効果が合わない。

プレスリリースを1本作成するのに、どれくらいの時間と手間(=コスト)がかかるか、試算されたことはございますか?

・広報のネタを社内でヒアリングし、
・プレスリリースを作成し、
・上司に確認し、、
・関係者に回覧してチェックを受けて、、、

マスコミ広報は無料でできます!とよく言われますが、実は、広報担当者やそれに関わる社員の人件費など、目に見えないコストが、相当かかっています。(これが、実は、莫大なコストです!)

もちろん、コストをかけても取材やマスコミ露出という成果につながればいいのですが、プレスリリースを送っても取材にならないのであればリターン=ゼロ、です。

プレスリリースの善し悪しについて、検証ができない。

プレスリリースを送ったけど、取材にならなかった。まあ、これは仕方ないですよね。そういうこともあります。では、なぜ取材にならなかったのか、その理由を、検証・分析できていますか?

・PRネタにそもそもニュース性がなかった?
・その媒体に合わない情報(ミスマッチ)だった?
・リリースのタイトルが良くなかった?
・全体の書き方が悪かった?

(、、、それ以外の理由?)

プレスリリースをマスコミに一方的に送りっぱなし!これでは、マスコミからのフィードバックが得られないので、「なぜ取材にならなかったのか」という理由がいつまでたってもわかりません。

しかし、ダメな理由がわかれば、改善ができます!改善を続ければ、いずれ成果がでます!

ビジネスでは、PDCAサイクルを回すことが重要だとよく言われます。なぜ、広報ではこれをせずに、プレスリリースを送り続けるのでしょうか?

「プレスリリースを送っても取材にならない」とお悩みの皆さま、一度、広報PRのやり方を見直してみてはいかがでしょうか。

以下、セミナーの告知です

「検索結果上位表示×メディア露出」で、見込客にダイレクトアプローチ

もしご都合が宜しければ、またはスタッフ様のご都合が宜しければ、ご参加いただければ幸いでございます。

<セミナー概略>
「検索結果上位表示×メディア露出」で、見込客にダイレクトアプローチ
日時: 2016年11月16日(水) 13:30~15:40(受付開始 13:15)
会場: 東京都内(JR五反田駅よりすぐの会場)
※お申込み頂いた方には、
あらためて、会場のご案内をさせていただきます。
費用: 3,000円/名(税込) ※当日受付にてお支払いください。
特典: 個別相談、SEO診断書
申込: http://the104.net/us-consulting/seminar/

■第1部 SEO 13:30~ ―――――
<講師>
株式会社ディテイルクラウドクリエイティブ 代表取締役 南雲宏明氏
検索エンジンのアルゴリズムが進化し続ける中、検索結果上位10万~20万サイトの解析結果から導き出される傾向=「検索エンジン好みのサイトにするためのポイント」をご案内いたします。

<講演概要>
・検索エンジンは何を基準に順位を決めているのか?
・ドメインエイジを理解しよう!
・SEO対策の現状~今何をすべきか?
・検索エンジン対策で一番必要なこと
・あなたでもすぐできる!検索エンジン対策
・よくある誤解しがちなSEO
・内容が濃い文章(コンテンツ)作りについて

<参加特典>
ご希望の方は、後日個別相談が可能です。

■第2部 広報PR 14:40~ ―――――
<講師>
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
一般的に行われている広報活動の欠点や、驚くほどの低コストで自社をPRするシンプルな方法など、中小ベンチャー企業が、マスコミに取材をされるための効果的な広報PR手法をお伝えいたします。

<講演概要>
・マスコミを使って自社商品を無料で宣伝するには
・プレスリリースに頼らない、目からウロコのPR手法
・成功事例の紹介:社員数名の会社にテレビ取材が殺到した理由

<参加特典>
ご希望の方は、後日個別相談が可能です。

■その他参加特典:SEO診断書 ―――――
分析を希望されるサイトおよび上位表示したいキーワードをお伺いさせていただきます。
どのようなSEO対策を施せば、その実現が可能なのか、

サイト構成上に問題がある場合 → リニューアルすら必要?
ディレクトリーに問題がある場合 → メニューなどの整理?
ページ毎のコンセプトに問題がある場合 → ページ毎に文言を修正?

など、具体的な対策につき、レポートにまとめてプレゼントさせていただきます。

以上が、この度のセミナーのご案内となります。

引き続き、ベンチャー広報を宜しくお願いいたします。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。

-->