PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRセミナー 7/18(火)についてはこちら


中小ベンチャー企業のためのPR会社 ベンチャー広報

広報PRに関するブログやコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人

「ディレクター」と「報道記者」の違いとは?

ベンチャー広報の野澤です。

前回は新聞社における「記者」「デスク」「キャップ」の違いについて書きました。

今回はその続編で、テレビ局についてです。

広報PRに関わる方であれば、「プロデューサー」「ディレクター」「アシスタントディクレター(AD)」の違いについてはある程度ご理解頂いていると思います。

広報活動を行う上で、基本的にもっとも重視すべきなのは「ディクレクター」です。
ここまでは大丈夫ですよね?

テレビ番組への露出を狙う上で、マークすべきポジションがもうひとつあります。
それが「報道記者」です。
※新聞記者と区別するため、あえてこのように呼びます。

広報PRに携わっていても「ディレクター」「報道記者」の違いをきちんと理解している方は意外と少なくないでしょう。

例えば、NHKでは、そもそも採用時の入り口が、「ディレクター」と「報道記者」では異なります。
それだけ、役割や求められる能力が違うということです。

その役割の違いを大まかにいうと、自分の持ち場(取材を担当している分野)を拠点に、深く取材対象に入り込んで情報を取るのが報道記者で、そうした情報をベースに番組を構成して仕上げるのがディレクターということになります。

組織的に言うと、民放ではディレクターと報道記者は、所属部署が異なるのが普通です。
・「ディレクター」→情報制作局
・「報道記者」→報道局
というパターンが多いですね。

ディレクターは特定の番組に所属し、その番組用に取材をしたり映像を作るので、「番組ディレクター」と呼ばれたりします。

一方、報道記者は、特定の番組に所属せず、自分の取材した原稿や映像をさまざまな時間帯の番組(主にニュース番組)に提供するのが普通です。

「ディレクター」と「報道記者」の特徴や仕事について、わかりやすくまとめると下記の通りです。

ディレクター

彼らの仕事は「面白い映像を作ること」です。
テレビ番組制作の責任者として、番組の企画立案から現場での取材・収録、VTRの編集、テロップ作成まで、幅広い作業を行います。

基本的に彼らは裏方ですから、レポーターとして、テレビの画面に映ることはありません。
いわば、映像制作の職人です。

取材対象が幅広いため、短期勝負で特ダネやスクープを取ってくるのは苦手です。
逆に、じっくり時間をかけて取材を行い、尺(放送時間)の長い、深堀した内容の番組や映像を作るのを得意とします。

報道記者

彼らの仕事は「ニュース性の高い情報をキャッチし、テレビを通じていち早く報道すること」です。

ディレクターとのわかりやすい違いは、報道記者は、テレビの画面に登場しレポーターとして、現場から直接視聴者にニュースを伝えるということでしょう。
しかし、それは彼らの仕事のほんの一部にすぎません。

彼らの強みは、映像制作力ではなく、情報収集力=取材力にあります。

実は大多数の報道記者はテレビ画面に登場することはありません。
新聞記者と同じフィールドで切磋琢磨しながら、特ダネやスクープを求めて、日夜、地道な取材活動を続けています。

「新聞記者」とテレビの「報道記者」の違いですが、実は、「取材して記事を書く」という意味では、彼らは全く同じ仕事をしています。
異なるのは、ニュースの表現方法です。

報道記者が現場で書いた原稿は、活字として報道されるのではなく、テレビ局に送られ、スタジオでアナウンサーによって読み上げられます。

また、「報道記者はしゃべれてナンボ」といわれます。
これが新聞記者と大きく異なる点です。

大きな事件・事故の場合は、現場に中継車が来て、テレビカメラの前で、生中継でレポートすることもあれば、スタジオで記者が解説するというケースもあります。

肩書・役割・業務内容を理解しておくことは、取材獲得やメディア露出を実現するための、基本の「き」なのです。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。