そのメディアのキーマンは誰?

ベンチャー企業・スタートアップのためのPR会社 ベンチャー広報の野澤です。

こんなご相談をよくいただきます。

自社の商品をテレビで取り上げて欲しいのですが、テレビ局には全く知り合いがおらず、人脈もありません。やはりコネがないと、テレビ番組に取材してもらうのは難しいでしょうか?

この質問に対して、
一般的なPR会社の方であれば、多分こう答えると思います。

  • 「放送内容は番組内の会議で決定されるので、特定の人とのコネクションは関係ない」
  • 「取材になるかどうかは、結局持ち込むネタや企画が面白いかどうかで決まる」

もちろん、これは原則論です。

ただ、
これだけでは教科書的すぎて、ちょっと物足りないですよね。

そこで私は、
さらに突っ込んだアドバイスをさせて頂きます。

その肝になるのが、この事実です。

  • 「同じPRネタや企画内容でも、会議で誰が提案するかによって、取材になる確率は異なります」

テレビ番組の会議には、
プロデューサー、ディレクター、放送作家、AP(アシスタントプロデューサー)、AD(アシスタントディレクター)など、通常多くの人が参加します。

当然ながら、
テレビ局も普通の会社と同じく、その会議の参加者の中で影響力の強い人と弱い人がいます。

会議ですから、
最終的に話し合いで決まるにしても、

例えば、
実績のあるディレクターや放送作家が「僕はこの企画がいいと思う」「ぜひこの商品を取り上げたい」といえば、やはり会議では通りやすいのです。

ですので、
われわれ広報PRに携わる者は、テレビの関係者に会ったら、

「この人は番組の中で、果たしてどの程度影響力を持っているのか」という点を冷静に見極める必要があります。

ビジネスライクに言えば、
番組内で影響力の弱い人と仲良くしてもあまり意味がありません。

実は、
これと同じことが新聞や雑誌にも言えます。

新聞記者にも1年目の若手からベテラン記者まで様々です。

例えば、
日経新聞の場合、同じ話題を取材しても、

実績のない若手が取材した場合→「日経産業新聞」に掲載。
ベテラン記者が取材した場合→「日本経済新聞・本紙朝刊」に掲載。

といったことが普通にあります。

さらに言えば、
一般的に若手の書いた記事はデスク段階でボツになりやすいし、ベテラン記者が書いた記事は、紙面で大きく扱われやすい。

要は、
実績のある優秀な記者と付き合った方が得なわけです。

雑誌について言うと、
キーマンは「副編集長」です。

ある程度大きな媒体になると、編集長は大きな方針決定をするだけで、編集の実務には関わりません。

現場で企画の善し悪しを判断したり、取材先の決定権を持っているのは副編集長です。

ですので、
副編集長を説得できれば、高い確率で取材になります。

「その媒体のキーマンは誰か?」

ぜひこれを意識しながら広報活動を行ってみてください。

取材の成功確率が高まると思いますよ。

野澤直人


 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

2019/2/5 広報PRセミナー
『ニュース番組の違いは「組織」を見ればわかる』
民放キー局・現役プロデューサーがわかりやすく解説

 
こんにちは。ベンチャー広報の野澤です。

「テレビ番組から取材されたいのですが、どうしたらいいでしょうか」
これは広報担当者の方から頂く最も多いご相談のひとつです。

まずやるべきことは、
テレビ番組を実際に視聴して、取材されたい番組の報道内容をしっかり分析することでしょう。

ですが、
一流の広報マン、PRパーソンを目指すなら、それだけでは不十分です。

例えば、
テレビのニュース番組・情報番組といっても、放送される時間帯によって、「狙っている視聴者のターゲット」「取り上げられやすいネタ」「コンタクトすべき相手(テレビ局のスタッフか、制作会社か等)」などが大きく異なります。これらの番組特性を深く理解することではじめて、テレビ番組に対してより効果的な広報活動ができるようになるのです。

そこで今回、
民放キー局の現役プロデューサーを講師にお招きし、「朝の情報番組」「昼のワイドショー」「夕方のニュース番組」「夜の報道番組」の違いについて、わかりやすく解説してもらうセミナーを企画しました。

  • 地上波のニュース番組は「朝」「昼」「夕方」「夜」「ストレート」の5種類
  • この5種類で「組織」「ニュースの作り方」「好きなネタ」は全く違う
    「朝」「昼」「夕方」「夜」それぞれのニュース番組のコンセプトの違いとは
  • 朝のニュース番組の組織体制は、制作会社主導の●●●制
  • 昼のニュース番組が狙っている視聴者ターゲットを理解する
  • 夕方のニュース番組の特集は●●●●●が多い
  • 夜のニュース番組を狙う場合、コンタクトすべき相手とは
  • 番組によってこんなに違う「ネタを提供すべき時期」
  • 「今話題のインターネット放送局」が求めているニュースとは?

ぜひこの機会に、テレビ番組の制作現場についての知見を深めてください。
それが広報担当者としてのレベルアップにつながるのは間違いありません。

本企画の参加者特典 …
名刺交換していただけるよう、講師(民放キー局・現役プロデューサー)にご快諾いただきました。

<講師プロフィール>
民放キー局で報道番組制作経験20年以上。夕方ニュース、夜のメインニュース、朝のワイドショーなどの報道番組でディレクター・チーフディレクター・プロデューサーを歴任。インターネットニュースなどの制作経験も持つ現役の民放キー局プロデューサー。

広報PRセミナー 2019年2月5日(火) 14:00~

『ニュース番組の違いは「組織」を見ればわかる』
 民放キー局・現役プロデューサーがわかりやすく解説

<セミナー概要>
日時: 2019年2月5日(火) 14:00~15:30(受付開始 13:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID(東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員: 先着50名
費用: 8,000円(税込)

※セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方(Kindle版含む)は、3,000円割引となり、5,000円で参加できます。
※セミナー会場での書籍の販売はございませんので、事前にご購入をお願いいたします。
※参加費は、当日受付にて現金でお支払いいただきます。
※領収書の宛名は、お申し込み時にご記入いただいた名義とさせていただきます。

 
 

お申し込みフォーム

申込内容
会社名(必須)
フリガナ
参加者名(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
住所(必須)
領収書の宛名(必須)
文字を入力して下さい(必須)
captcha