PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

テレビ番組への広報PRは、新聞・雑誌とは異なるノウハウが必要!?

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

「テレビ番組から取材されるにはどうしたらいいでしょうか」
というご相談を、たびたび頂きます。

たしかに、
マスコミ広報においてテレビ露出の威力は絶大です。

私がお手伝いした案件でも、商品やサービスがテレビ番組で取り上げられて、商品が即完売したり、ホームページへのアクセスが集中してサーバーがダウンすることが多々あります。

テレビ番組に取材してもらうのはハードルが高いと思われがちですが、そんなことはありません。テレビ番組へのアプローチは、WEB媒体や新聞・雑誌などの広報PRとは異なるノウハウが必要で、多くの方は、それを知らないだけなのです。

今回はテレビPRのエッセンスをご紹介したいと思います。

まず重要なのは、
プレスリリースや報道用資料の書き方です。

写真や図などビジュアル要素を多くし、文字を少なくする

テレビ番組の制作者(ディレクターなど)は常に物事を映像で考えます。「この話題を取材した時、どんな画(=映像)が撮れるか」というのが彼らの最大の関心事です。文字ばかりのプレスリリースではテレビ番組の制作者には刺さりません。

WEB媒体や紙媒体での報道実績をアピールする。

「今、新聞や雑誌でこんなにたくさん記事が出ています。これは旬な話題なので、うちの番組でもやりましょう。」 番組ディレクターが会議で自分の企画を通す際、こんな風に上司を説得することが多々あります。プレスリリースを送付する際には、その話題が過去に取り上げられた新聞や雑誌の記事のコピーをできるだけたくさん添付するのが有効です。

次に、
プレスリリースや報道用資料の送付方法ですが、テレビの場合には「郵送」が基本です。上記のとおり、「写真や画像の多いビジュアル重視」で「過去記事を多く添付」するとなると、必然的にFAXではなく、郵送がベストな手段になります。郵送であれば、商品サンプルなどを同封することもできます。

最後に送付先ですが、
番組宛ではなく、「番組のコーナー宛」もしくは「担当ディレクター(個人名)宛」に送りましょう。アプローチする対象番組を視聴し、適切なコーナーを探して、その担当者に対してピンポイントでアプローチすることで、かなり成功率は高まります。
「なかなかテレビに取り上げられなくて」とお悩みの広報担当の方は、

今回ご紹介したプレスリリース/報道用資料の

  • 書き方
  • 送付方法
  • 送付先

の3つのポイントついて、
一度やり方を見直してみてはいかがでしょうか。

nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。