PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRセミナー 7/18(火)についてはこちら


中小ベンチャー企業のためのPR会社 ベンチャー広報

広報PRに関するブログやコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人

広報PR担当は、女性の方が向いている!?

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

弊社クライアントの社長様から、こんなご質問を受けたことがあります。
「広報担当者って、男性と女性、どちらが向いていますか?」
一般的には、広報の仕事は女性が向いていると思われがちです。

もちろん、
マスコミに対して広報活動を行う上で、若くてかわいい女性が有利な面も確かにあります。

例えば、
某PR会社は、美人でスタイルのいい女性を積極採用し、彼女たちにテレビ番組のメディアリレーションを担当させ、色仕掛けで多くの露出を獲得している、なんていう都市伝説も広報PR業界には存在します。

広報女子は、
ベンチャー企業やIT企業にも多く、私も仕事柄、そういった広報さんと接点があるのですが、話してみると、実際にはこんな方が多い気がします。

  • 勉強熱心で、どん欲に広報の知識やノウハウを吸収しようとする
  • 広報で成果を出すことに人一倍こだわりがある
  • 精神的、体力的にタフで、長時間労働もいとわない
  • 記者へのアウトバンドコールなど、泥臭い仕事も積極的に取り組む
  • ひたむきで、ハングリーで、根性がある
  • 高学歴で地頭がいい

ただ、こんな特徴のある方なら、男性の広報でも、いい仕事をしそうですよね。

最初の質問にもどりますが、
広報担当者は、女性が向いているとか、男性が向いているとか、そういうことはないと思います。要は性別は関係なく、やる気・努力・能力の問題です。当たり前の結論となってしまってすみません、、、

私もいち広報マンとして、
広報女子たちに負けないよう、精進してまいります。。。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。