広報担当者が仲良くすべき、TV番組ディレクターとは

ベンチャー企業・スタートアップのためのPR会社 ベンチャー広報の野澤です。

自社商品やサービスを、テレビの情報番組や報道番組で取り上げてもらおうとする場合、基本的なコンタクト先はその番組の担当ディレクターになります。ここまでは、経験のある広報担当の皆さんならご存知ですよね。

この「TV番組のディレクター」について、一般に出回っている広報関連のノウハウ本に書かれていない、PR会社だからこそ知りうる深いお話しをさせていただきます。

ひとつの番組の中にも、たくさんのディレクターがいます。そして、同じPRの素材(商品サービス、プレスリリースなど)であっても、実は、どのディレクターに持ち込むかで、番組で取材になるかどうかの確率が大きく変わるのです。とはいえ、誰が「力のあるディレクターなのか」は、外からみてもわかりづらいですよね。

今回は、
ディレクターの属性から、それを判断する方法をご説明いたします。

制作会社所属のディレクター

テレビ局に常駐はしているものの、テレビ局の正社員ではなく、外部の制作会社から派遣されているディレクターです。

この属性の方が数としては一番多いのですが、要はテレビ局の下請けのスタッフなので、残念ながら、あまり権限はありません。こういうディレクターの名刺には、番組名やテレビ局の社名とは別に、制作会社の社名が小さく書いてあるので、チェックしてみてください。

テレビ局の正社員のディレクター

名刺に制作会社の社名が記載されていなければ、そのディレクターはテレビ局の正社員である可能性が高いです。

名刺交換時にさりげなく、「○○さんは局の方なのですね?」、確認してみましょう。

正社員のディレクターは、
前述の制作会社の契約社員ディレクターよりも番組内でも権限が強く、取材先の選定や企画を通しやすい立場にあります。広報担当者としては、非常に心強い存在です。もし、知り合いになれたら、ぜひ良い関係を作るように心がけましょう。

フリーのTVディレクター

テレビ局の社員ディレクターよりも、さらに重視すべきなのは、フリーで活動しているディレクターです。

制作会社所属のディレクターから独立した、というパターンが多く、独立しても仕事ができるくらいですから、実力があり経験豊富で、番組プロデューサーからも頼りにされている場合が多いです。通常、テレビ番組の取材をするには、番組内の企画会議を通す必要がありますが、こういった力の認められたディレターは特別扱いされ、企画会議をスルーして直接プロデューサーから決裁をもらえるのが特徴です。また、プロデューサーとの約束で「毎月○本の特集を作ること」などのノルマを持っていることがあり、彼らは番組で特集になりそうな情報を積極的に求めていますので、広報担当者からの情報も熱心に聞いてくれます。

さらに、
フリーのディレクターは、複数のテレビ局の仕事をしていますので、広報担当者が持ち込んだ情報や企画に一定のバリューがあれば、そのネタが最も適した局や番組に積極的に持ち込んでくれる可能性があります。広報担当者からすると、大変ありがたい存在です。

力のあるフリーの番組ディレクターさんと仲良くなれば、テレビ露出の可能性もかなり高まりますので、人数としては決して多くはありませんが、意識して探してみると良いと思います。

野澤直人


 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

2019/4/22 広報PRセミナー
『TV制作者が思わず声をかけたくなる広報の仕掛け作り』

 
こんにちは。ベンチャー広報の長崎です。

広報担当者の方に質問します。
「テレビ番組から取材されたい」場合、どういったアクションを行っていますか?

 
広報の方は、
報道分析を行って、番組の絞り込みも行っているでしょう。

次のステップとして、
おそらく多くの方が、取り上げてほしい番組宛てに、プレスリリースや資料をFAX、郵送、メールで送るといったアクションをされていると思います。

しかし、ご存知でしょうか。

番組の内容を決定する会議ではあなたが送ったプレスリリースは、そのままテーブルに置いてあることはまずありません。

では、リリースはどこへ行ってしまったのでしょうか。

リリースを送った後、自社の情報がどのように扱われ、番組で取り上げられていくのか、この流れまでご存知の方はそう多くないと思います。

しかし、リリースなど会議のために集められた情報は、形を変えて会議に登場し、ネタが厳選され取材・放送されています。

では、
形が変わったリリースは、誰が・いつ・どのような資料を作って、会議に上がったのでしょうか。
そして、どのようにして取材することが決まったのか、ご存じでしょうか。

普段私達はなかなか知ることがありませんが、放送に至るまで沢山の人を通り過ぎ、日々テレビに映し出されているのです。

そして、その特性や流れを理解することは、
『TV制作者が思わず声をかけたくなる広報の仕掛け作り』にもつながり、取材される可能性が高まります。

そこで今回は、
このテレビの仕組みに非常に深く精通しているスペシャルゲストをお迎えしました。

今回のスペシャルゲストは、
現役放送作家・須平敦宣氏。

  • 「めざましテレビ」
  • 「みんなのニュース」
  • 「白熱ライブビビット」
  • 「徹子の部屋」
  • 「ありえへん∞世界」などを手がけ、

業界歴は20年以上、
過去担当した番組は700番組を超え、
情報番組からバラエティー番組まで幅広く担当されています。

テレビ業界の中心にいる放送作家の視点で、テレビの考え方・情報の集め方、プレスリリースの行方、企画はどのように決まっていくのか、思わず目を止めるプレスリリースはどんなものか、効果的なアプローチ方など、メディア側からみた取り上げたくなる広報PRについて、トークセッション形式でお届けします。
 

『TV制作者が思わず声をかけたくなる広報の仕掛け作り』

 〜 現役放送作家がTVの裏側、キーマンを教えます 〜

 
<セミナー概要>
日時: 2019年4月22日(月) 14:00~15:30(受付開始 13:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
   (東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員: 先着50名
料金: 8000円(税込)

※セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方(Kindle版含む)は3,000円割引となり、5,000円で参加できます。
※セミナー会場での書籍の販売はございませんので、事前にご購入をお願いいたします。
※参加費は、当日受付にて現金でお支払いいただきます。
※領収書の宛名は、お申し込み時にご記入いただいた名義とさせていただきます。

<スペシャルゲスト・プロフィール>
須平敦宣(すびらあつのり)放送作家

三重県出身。早稲田大学を卒業後、放送作家事務所「オフィスぼくら」に所属。情報番組、バラエティ−、ドキュメンタリーなどこれまで手がけたテレビ番組は700本を超える。
現在、多数の番組制作に携わる一方、25年以上に渡りテレビ界で培ってきた「人が面白がるものを生み出す」という放送作家ならではの発想術を活かした「おもしろコンサルティング」としての活動を開始。各種企業、飲食業、大学広報、イベント事業、地方行政など様々なプロジェクトで活躍している。

<ファシリテーター>
株式会社ベンチャー広報 長崎範子

PR業界歴11年。ベンチャー広報入社8年目。これまで調理器具、幼児教育、介護、ビジネススクール、防犯機器、インバウンドビジネス等、幅広く広報PRを担当。PRを学びたい企業に向けてコンサルティング業務も行う。スタートアップ〜中堅企業の、企業成長のための機動力となるスピード感のある広報PRを得意としている。これまで数多くのTV取材を獲得しており、短期間でも狙った結果を残す広報活動に定評がある。多くの企業の広報活動を支援している。

 
 

お申し込みフォーム

申込内容
会社名(必須)
フリガナ
参加者名(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
住所(必須)
領収書の宛名(必須)
文字を入力して下さい(必須)
captcha