PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

マスコミ広報で、ゼロからブームを作り出す!

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

「ブームは作られる」と良くいわれますが、これは本当でしょうか、、、広報PRの世界にいる私からすると、これは本当です。多くのブームは仕掛けられたものであり、逆に自然発生的なブームの方がレアケースのように思います。

そして、
ベンチャー企業やスタートアップであっても広報PRをうまく活用することで、意図的にブームを作り出すことができます。

具体的には色々な手法がありますが、今回はその中でも比較的オーソドックスな戦略をご紹介いたします。

第1段階:マスコミ露出の実績を作る。

まずは、
WEB媒体や業界紙、専門誌など、比較的、露出の難易度の低い媒体を狙って広報活動を行い、報道の量を増やすことに注力します。

重要なのは、
最初から全国紙やテレビなど、露出難易度の高い媒体を、無理に狙わないことです。初期段階でマスコミ露出の質よりも数を優先して実績を作るのは、後にテレビ露出を取るための布石であり戦略なのです。

第2段階:「流行」「トレンド」「ヒット商品」のコーナーにアプローチ

マスコミ露出の数が増えると同時に、その商品やサービスの販売数が右肩上がりに伸びてくれば、これはブームの芽が生えたということになります。
正確には「生えた」ではなく「作った」のですが、、、

次は、
世の中の流行やトレンド、ヒット商品などを取り上げるコーナーにコンタクト先を広げて広報活動を行いましょう。商品が実際に売れているというエビデンスと、WEB媒体や紙媒体で報道の実績があれば、全国紙やテレビ番組を攻略できるようになります。

第3段階:報道の連鎖

ヒット商品やトレンド枠で報道されるようになると、自分たちからそれほど積極的に発信しなくても、マスコミ側から取材依頼が入るようになります。マスコミ(特にテレビ)はすでに流行っているものを報道したがる特性があるからです。ここまでくれば一応、ブームになったと言えるでしょう。

私は以前、
あるクラウドソーシングのベンチャー企業のPRをお手伝いしていたことがあるのですが、まさにこのパターンでした。
今ではその会社はベンチャーキャピタルから億単位の資金調達をし、テレビCMをするくらいまで成長しています。

ブームを作ることは簡単ではありません。しかし、戦略的に広報PRを行えば、やり方次第では可能なのです。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。