PR業界の噂『記事枠もお金で買える?』

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

『TechCrunch』という、IT業界では有名なWEB媒体にこんな記事が掲載されたことがあります。

TechCrunchへの掲載は100万円
スタートアップがこんなPR会社と付き合う必要はない
http://jp.techcrunch.com/2015/02/06/20150205-pubulic-relations/

記事の内容は、
PR会社があるスタートアップ企業に、「お金を払えば、御社のサービスが記事になりますよ!」という営業をしたというもの。

ご丁寧に、
提案資料の料金表がそのまま記事に掲載されています。

ちなみにこんな料金体系だそうです。

※いずれも成功報酬の金額。

  • 日本経済新聞、ワールドビジネスサテライト(WBS):180万円
  • 日経ビジネス、ダイヤモンド・オンライン等:130万円
  • ITmedia、CNET Japan、TechCrunch:100万円

PR会社が成功報酬で企業の広報PR支援することは、以前から普通にありますので、特に驚くことではありませんが、マスコミ側が企業やPR会社からお金を受け取って記事を書いているとしたら話は別ですね。

実際には、
特定の記者やTVディレクターと一部のPR会社や企業の広報担当者が癒着して、「お金を払うからこのネタを報道してね」みたいなことが行われています。

以前、
私の知り合いのPRマンから「お金を渡せば取材してくれるTVディレクターの名簿があるんだよ」と、ドヤ顔で言われたことがあります。彼曰く、この名簿をもっていないと、PR業界ではド素人だそうで、

とすると、
私はド素人ですね(苦笑)

また、
大手PR会社さんなんかだと、お金を払えば必ず記事を露出できる枠を新聞などにもっているという話も聞きます。

他にも様々な噂はありますが、あくまで噂は噂ということで。

とはいえ、
そういった「裏取引」をしているマスコミやPR業界の関係者はほんの一握りだと思います。

実際、
私がお付き合いしているマスコミ関係の方はお食事をご一緒しても割り勘を希望されるほど、清廉潔白で真面目な方ばかりです。

『TechCrunch』の記者にも、
私から情報提供して何度か記事を書いて頂いていますが、

もちろん、
そこに金銭が発生したことは一度もありません。

広報マン、PRパーソンの皆さん、
お金やコネに頼らなくても、やり方次第で取材は獲得できます!

知恵と努力と情熱で、
広報PRの王道をゆきましょう!

野澤直人


 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

2019/2/5 広報PRセミナー
『ニュース番組の違いは「組織」を見ればわかる』
民放キー局・現役プロデューサーがわかりやすく解説

 
こんにちは。ベンチャー広報の野澤です。

「テレビ番組から取材されたいのですが、どうしたらいいでしょうか」
これは広報担当者の方から頂く最も多いご相談のひとつです。

まずやるべきことは、
テレビ番組を実際に視聴して、取材されたい番組の報道内容をしっかり分析することでしょう。

ですが、
一流の広報マン、PRパーソンを目指すなら、それだけでは不十分です。

例えば、
テレビのニュース番組・情報番組といっても、放送される時間帯によって、「狙っている視聴者のターゲット」「取り上げられやすいネタ」「コンタクトすべき相手(テレビ局のスタッフか、制作会社か等)」などが大きく異なります。これらの番組特性を深く理解することではじめて、テレビ番組に対してより効果的な広報活動ができるようになるのです。

そこで今回、
民放キー局の現役プロデューサーを講師にお招きし、「朝の情報番組」「昼のワイドショー」「夕方のニュース番組」「夜の報道番組」の違いについて、わかりやすく解説してもらうセミナーを企画しました。

  • 地上波のニュース番組は「朝」「昼」「夕方」「夜」「ストレート」の5種類
  • この5種類で「組織」「ニュースの作り方」「好きなネタ」は全く違う
    「朝」「昼」「夕方」「夜」それぞれのニュース番組のコンセプトの違いとは
  • 朝のニュース番組の組織体制は、制作会社主導の●●●制
  • 昼のニュース番組が狙っている視聴者ターゲットを理解する
  • 夕方のニュース番組の特集は●●●●●が多い
  • 夜のニュース番組を狙う場合、コンタクトすべき相手とは
  • 番組によってこんなに違う「ネタを提供すべき時期」
  • 「今話題のインターネット放送局」が求めているニュースとは?

ぜひこの機会に、テレビ番組の制作現場についての知見を深めてください。
それが広報担当者としてのレベルアップにつながるのは間違いありません。

本企画の参加者特典 …
名刺交換していただけるよう、講師(民放キー局・現役プロデューサー)にご快諾いただきました。

<講師プロフィール>
民放キー局で報道番組制作経験20年以上。夕方ニュース、夜のメインニュース、朝のワイドショーなどの報道番組でディレクター・チーフディレクター・プロデューサーを歴任。インターネットニュースなどの制作経験も持つ現役の民放キー局プロデューサー。

広報PRセミナー 2019年2月5日(火) 14:00~

『ニュース番組の違いは「組織」を見ればわかる』
 民放キー局・現役プロデューサーがわかりやすく解説

<セミナー概要>
日時: 2019年2月5日(火) 14:00~15:30(受付開始 13:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID(東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員: 先着50名
費用: 8,000円(税込)

※セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方(Kindle版含む)は、3,000円割引となり、5,000円で参加できます。
※セミナー会場での書籍の販売はございませんので、事前にご購入をお願いいたします。
※参加費は、当日受付にて現金でお支払いいただきます。
※領収書の宛名は、お申し込み時にご記入いただいた名義とさせていただきます。

 
 

お申し込みフォーム

申込内容
会社名(必須)
フリガナ
参加者名(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
住所(必須)
領収書の宛名(必須)
文字を入力して下さい(必須)
captcha