PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

地方の媒体でマスコミ露出を最大化する、効果的な手法とは

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

皆さんの会社が、東京・首都圏以外の地方都市に、支店を作ったり、お店を出したり、イベントをしたりするとします。その時、どんな広報PRの手法が考えられるでしょうか。

その地域の地方紙やブロック紙、全国紙の支局、地元のフリーペーパーローカルテレビ局・ラジオ局をリストアップし、プレスリリースを送るのが普通のやり方でしょう。地方の媒体は、いつも地元ネタを積極的に探していますので、リリースを送っただけでも取材になることもあります。しかし、プロのPRパーソンとしては、それだけではちょっと物足りないですね。

もっと確実に、より大きな成果を出すための効果的な方法を2つ、具体的にご紹介いたします。

現地に日帰り出張してメディアキャラバン

まず事前に、
2,3件程度でいいので、現地の媒体(地元の地方紙やローカルテレビ局)にアポイントを取ります。

ただ、
せっかく交通費をかけて遠方に行くのに、訪問件数が2,3件ではもったいないですよね。現地ではそれ以外に飛び込みでメディア訪問をしましょう。「今日、東京から来ていまして。今、御社のビルの前にいるのですが、5分程度、ご挨拶させて頂けませんか。」と、現地で電話すれば、会ってもらえることが多いです。プレスリリースを送って、東京から電話するだけより、直接会ってお願いする方が、取材になる確率は格段に上がります。

地方都市のマスコミ各社は市街地の中心部に集まっているので、日帰り出張でも効率よくやれば、この方法で6,7件は訪問できます。

役所の記者クラブで記者会見

地方都市の市役所や県庁には必ず記者クラブがあり、新聞記者等が常駐しています。彼らの主な仕事は、役所の発表を記事にすることです。

ただ、
その担当窓口(持ち回りの幹事社等)に依頼をすれば、外部の一般企業でもその記者クラブのプレスルーム(記者会見場)で、記者会見をやらせてもらうことも可能です。そこには元々記者はいるので、マスコミを集めるのは難しくないし、プレスルームの利用料も安いですから、効率よく記者会見ができます。

地方での拠点開設や店舗の出店、地方での商品展開などをされる際には、ぜひチャレンジしてみてください。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。