PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

大企業のPRと中小ベンチャー企業のPRは全く異なる

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

広報PRには、

  • 「攻めの広報」と、
  • 「守りの広報」の、

2つがあります。

大企業の広報担当者、もしくは大企業がメインクライアントである大手PR会社では、「守りの広報」に関するノウハウや技術が重視されます。製品の不具合や社員の不祥事など、自社のネガティブな話題の報道をおさえて自社のダメージを最小限にするのが「守りの広報」です。「危機管理広報」ともいわれます。場合によっては「変な報道をしたら、そちらの媒体への広告出稿を止めますよ」といって、メディア側に圧力をかけることすらある世界です。

逆に大企業において、
ポジティブな話題をメディアに多く取り上げてもらう「攻めの広報」はそれほど難しくありません。新商品発表など、ある程度のニュース性のある話題であれば、プレスリリースをばらまいただけで取材は来ますし、記者会見をすれば、マスコミはある程度集まります。

一方、
中小ベンチャー企業では「守りの広報」がほとんど必要ないかわりに、「攻めの広報」はかなり難易度が高いといえます。中小ベンチャー企業の話題は大手企業に比べてニュース性が低いとみられがちなので、発信する情報をわかりやすく、かつその情報を求めている人(記者、編集者)に的確に伝える努力が不可欠だからです。

このように、

  • 「大企業の広報活動」と、
  • 「中小ベンチャー企業の広報活動」は、

同じ広報PRでも似て非なるものだといえるでしょう。

私が以前、
あるベンチャー企業の広報担当者としてPR会社に相談をしたとき、その見積金額の高さ(月額60万円~100万円)に驚きましたが、同時に、その提案内容のミスマッチに戸惑いました。

大手PR会社は、

  • 「守りの広報」
  • 「危機管理広報」

については詳しいものの、
「攻めの広報」、特に、一般的に報道されづらい中小ベンチャー企業の話題をどうメディアに売り込むか、という具体的な提案がほとんどなかったからです。

当時は、
経験不足であまりよくわかっていなかったのですが、その後、大企業の広報の方や大手PR会社の方と親しくなり様々なお話しをお伺いする中で、大企業と中小ベンチャー企業の広報活動は、(極端な言い方をすれば、)真逆なんだ、、、と感じるようになりました。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。