PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

ベンチャーの強みを活かせば、大企業以上に戦える!?

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

中小ベンチャー企業の社長様や広報担当の方々とお話していると、こんな嘆きを聞くことがたまにあります。

「うちは、大企業と違って知名度もブランド力もがないから、、、」
「規模の小さいうちみたいな会社は広報に不利ですね、、、」
「無名のベンチャー企業は、マスコミは相手にしてくれないから、、、」

私は、声を大にして言いたい!

「そんなことないですよ!」

確かに、大企業と比べて、不利な点があります。しかし、中小ベンチャー企業にも有利な点はたくさんあります。

その1つは、
効率的なコミュニケーションと意思決定のスピード感、です。

大企業の場合、
広報活動に多くの関係者が関わります。

例えば、こんな感じです。
※矢印は指示命令系統や情報の流れです。

企業のマーケティング責任者
 ↓↑
企業の広報担当者
 ↓↑
大手広告代理店
 ↓↑
大手PR会社
 ↓↑
下請けの中小PR会社
 ↓↑
マスコミ

大企業では、
広報業務はまず大手広告代理店に発注されます。そして、その大手広告代理店は、大手PR会社に業務を外注します。大手PR会社は戦略だけを担当し、広報の実務は、下請けの中小PR会社にやらせます。その中小PR会社が、実際にマスコミへのコンタクトを行います。

これを聞いただけで、ゲッソリしますね。
これだけの伝言ゲームをしながら、広報活動を進めるので、当然、スピードは遅くなります。誤解やミスも発生します。無論、コミュニケーションコストが膨大にかかります。ひと言でいうと、非効率です。

一方、
中小ベンチャーの場合にはこうなります。

企業の社長
 ↓↑
企業の広報担当者、もしくは中小PR会社
 ↓↑
マスコミ

関係者が少ないので、何をするにしても、とにかくスピードが圧倒的に違います。この強みを活かせば、社長を中心に戦略を考えたら即行動。マスコミからのフィードバックを受けながら常に改善がなされ、成果に直結する広報活動が可能なのです。これは大企業には絶対マネできません。

広報活動では、
中小ベンチャー企業は、自らの強みを自覚すれば、大企業以上に戦えるのです。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。