PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

プレスリリースのデメリットとは!?

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

広報の仕事はマスコミとの心理戦です。無論、プレスリリースも、、、

広報の世界では、
マスコミにプレスリリースを送ることは、当然のことだと考えられています。多くの広報担当者が、何の躊躇もなくプレスリリースをマスコミに送っている現実、、、本当に正しい戦略なのでしょうか。

そもそも、
マスコミにとって、プレスリリースとは何なのか?まずは、この本質を理解することが大切です。

マスコミ関係者の仕事は、
「特ダネ」を取ることです。世の中の誰も知らない、または、ごく少数にしか知られていないニュース価値のある情報を独自に入手し、他のマスコミよりもいち早く報道することです。

その点からいえば、
パッケージ化され、多数の媒体に一斉配信されたプレスリリースは、マスコミにとって無価値だといっても過言ではありません。公開された情報(=多くの方に知られてしまった情報)は、決して「特ダネ」ではないのです。

つまり、
プレスリリースを送ることのデメリットの原点として、、、プレスリリースをもとにした記事ばかり書いている記者は、上司や同僚から「ダメ記者」の烙印を押されてしまうことにあります。マスコミの世界は、自分の足で特ダネを稼いでこそ評価される世界なのです。

「マスコミにプレスリリースを送っても見てもらえない、、、」と嘆く広報担当者は多いですが、マスコミ側の視点からすれば、至極当然の帰結なのです。一斉配信されるプレスリリースの情報=基本的に価値が低い、このあたりのマスコミ心理を理解することが、広報担当者のファーストステップだといえます。

くどいようですが、
広報担当者が、自社のプレスリリースを多くの媒体に送れば送るほど、そこに記載されている情報の価値は下がります。つまり、広報担当者が自身でニュース価値を下げているのです。皮肉ですよね。

ニュース(特ダネ)の本質からすれば、
プレスリリースのデメリット、非常に大きいといえます。マスコミ側の心理を理解した上で自社の情報を発信すること、常に心がけてみてください。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。