PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRセミナー 7/18(火)についてはこちら


中小ベンチャー企業のためのPR会社 ベンチャー広報

広報PRに関するブログやコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人

広報PRは経営戦略そのもの!?

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

広報PRの業務は、どこの部署が担当すべきでしょうか?

「そんなの、広報部・広報室に決まっているじゃないか!」と言われそうですが、それはあくまで大企業の発想で、中小ベンチャー企業にとっては違います。従業員が100名を超えるようになれば、広報部・広報室などの専門部署を設けても良いかもしれませんが、それよりも小規模な会社では、専任を置かず、他の業務と兼任させるケースがほとんどでしょう。

かくいう私も、以前、
従業員70名、年商10億円の会社で、会社員として広報担当をしていたときには、広報・採用・新規事業、3つの部門を兼務していました。

現在、
私が広報PRをお手伝いしている中小ベンチャー企業様でも、実にさまざまなケースがあります。

  • 優秀な営業マンが、広報PRを兼務
  • 広告出稿やHP運用をしているマーケティング担当が兼務
  • 採用担当者が兼務
  • (美人)秘書が兼務
  • 経営企画が兼務

それぞれ、一長一短、かつ、実際には任せられる人材ありき、になると思いますが、基本的には「社長に近い」ところで仕事をしている方に広報PRの仕事を任せるのが基本です。

「社長に近い」と表現しましたが、
いつも社長の近くで仕事をしているとか、社長と一緒にいる時間が長い、という物理的な要素以上に、精神的・直感的・本質的に「社長に近い」という資質が重要です。換言すれば「経営者感覚をもっている」人、ということです。

広報PRを、
販売促進やマーケティングの一手段と、狭い世界観で捉える方もいらっしゃいますが、残念ながら、それでは広報PRの本質を理解しているとは言えません。(特に中小ベンチャー企業においては、)広報PRと広告の違いを理解できない方は、論外です。

広報PRの目的や効果は、
マーケティングだけに留まらず、ブランディングや企業価値の向上(IR効果)、資金調達・業務提携の加速効果、優秀な人材の獲得、社員の定着とモチベーションアップ等、非常に多岐にわたるからです。広報PRに注力すると、上述のような様々な経営効果が期待できます。そして、結果的に、売上を押し上げ、会社を成長させることになるのです。もちろん目的と手段次第ですが、、、

つまり、
「広報PRは経営戦略そのもの」なのです。その点からすれば、単に、優秀な営業マンだから、、、(美人)秘書だから、、、というだけでは、広報を担当させるべきではないかもしれません。

広報PRは経営戦略そのものです!

中小ベンチャー企業の社長様、
ぜひ、貴方の右腕に任せましょう!

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。