PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

「体験可能」がテレビ取材の判断基準

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

テレビを観ていると、
芸人やタレントが街をぶらぶらする番組が多いと思いませんか?

こうした番組が多いのには理由があります。1つは単純に「視聴率が取りやすい」ということです。スタジオ収録に比べて、ロケ番組の方が「低予算で番組が作れる」というのも理由の1つです。

しかし、
実はもっと深い理由があります。そして、そこには、PRパーソンが知るべき「テレビ番組から取材されるための大きなヒント」が隠されているのですが、皆さんおわかりでしょうか?

その答えは、、、
テレビ番組のディレクターが、「番組作りの基本=体験取材」という思考回路をもっている、からなのです。ですので、こうした体験取材中心の「街歩き番組」が増えるのは、極々自然なことなのです。

ではなぜ体験取材なのか?

それは、
番組制作側にとって多くのメリットがあるからです。

  • 体験している場面を撮影することで、動きのある映像になる。
  • 商品やサービスを体験した時の生のコメントは信頼感や説得力が出やすい。
  • 体験取材は視聴者も体験できることが前提になっている。→報道する価値が高い。

この視点でテレビ番組をみて頂くと、色々な気づきがあるはずです。

例えば、

  • 「王様のブランチ」(TBS)では、なぜブランチリポーターが飲食店を訪れて食レポするのか。
  • 「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)では、なぜ女子アナが現場に行って、商品・サービスを体験してレポートするのか。

これらも全て、体験取材ですね。

繰り返しになってしまいますが、
「体験取材は視聴者の興味をひきやすい」、番組ディレクターはそう考えています。

ぜひこの心理を逆手に取りましょう。

自社の商品・サービスを、リポーターや視聴者が体験しやすい形にして、番組側に情報提供してみてください。

取材される確率が、格段に高まりますよ。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。