2018/06/27

「体験可能」がテレビ取材の判断基準!?

ベンチャー広報スタイル

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

テレビを観ていると、
芸人やタレントが街をぶらぶらする番組が多いと思いませんか?

こうした番組が多いのには理由があります。1つは単純に「視聴率が取りやすい」ということです。スタジオ収録に比べて、ロケ番組の方が「低予算で番組が作れる」というのも理由の1つです。

しかし、
実はもっと深い理由があります。そして、そこには、PRパーソンが知るべき「テレビ番組から取材されるための大きなヒント」が隠されているのですが、皆さんおわかりでしょうか?

その答えは、、、
テレビ番組のディレクターが、「番組作りの基本=体験取材」という思考回路をもっている、からなのです。ですので、こうした体験取材中心の「街歩き番組」が増えるのは、極々自然なことなのです。

「体験可能」がテレビ取材の判断基準!?

ではなぜ体験取材なのか?

それは、
番組制作側にとって多くのメリットがあるからです。

  • 体験している場面を撮影することで、動きのある映像になる。
  • 商品やサービスを体験した時の生のコメントは信頼感や説得力が出やすい。
  • 体験取材は視聴者も体験できることが前提になっている。→報道する価値が高い。

この視点でテレビ番組をみて頂くと、色々な気づきがあるはずです。

例えば、

  • 「王様のブランチ」(TBS)では、なぜブランチリポーターが飲食店を訪れて食レポするのか。
  • 「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)では、なぜ女子アナが現場に行って、商品・サービスを体験してレポートするのか。

「体験可能」がテレビ取材の判断基準!?

これらも全て、体験取材ですね。

繰り返しになってしまいますが、
「体験取材は視聴者の興味をひきやすい」、番組ディレクターはそう考えています。

ぜひこの心理を逆手に取りましょう。

自社の商品・サービスを、リポーターや視聴者が体験しやすい形にして、番組側に情報提供してみてください。

取材される確率が、格段に高まりますよ。

 


 
 
 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

 

2019/6/5 広報PRセミナー
『さんまのス―パ―からくりTV』『金スマ』を手掛けた
元TBSプロデューサーが語る「広報PRのアイデア発想法」

 
広報担当者には、マスコミにとってニュース性のある企画や斬新なアイデアを出す能力が求められます。

そのベースとなるのは、マスコミ、広告、ネット媒体、SNS等についての最先端の知識と、メディアリテラシー(メディアに関する深く広い教養)です。

そこで今回は、メディアに関する最先端の教養を学びながら、広報担当者としての「企画力」「アイデア力」「発想力」を鍛えるためのセミナーを企画しました。

「さんまのスーパーからくりテレビ」「金スマ(中居正広の金曜日の妻たち)」など、TBSの人気バラエティ番組を手掛けた元TBSプロデューサー 角田陽一郎氏”に、「広報PRアイデア発想法」をテーマに講演して頂きます。

<セミナーコンテンツ>

  • 最前線で活躍するメディア人が語る「次世代のメディア論」
  • これからは広告ではなく「告広」の時代
  • 広報担当者が知っておくべき「テレビ番組の0次利用」とは
  • 企画や広報やPRが不発におわる理由
  • 元TBSプロデューサーが語る人気情報番組の攻略法
  • マスコミ視点で語る「マスコミへの実践的アプローチ」
  • 無名企業の作るパンツが世界中の著名人やセレブに愛される大ヒット商品になったワケ

<講師プロフィール>

バラエティプロデューサー
角田 陽一郎 氏

1994年にTBSテレビに入社。元TVプロデューサー、ディレクターとして「さんまのスーパーからくりTV」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「EXILE魂」など、主にバラエティ番組の企画制作をしながら、2009年ネット動画配信会社を設立。映画監督、音楽フェスティバル開催、アプリ制作、舞台演出など多種多様なメディアビジネスをプロデュース。2016年12月31日付でTBS退社。2017年1月より「オトナに!」(TOKYO MX)、「イク天~イクぜ、バンド天国」(BS-TBS)などプロデュース。
 
 

『さんまのス―パ―からくりTV』『金スマ』を手掛けた
元TBSプロデューサーが語る「広報PRのアイデア発想法」

<セミナー概要>
日時: 2019年6月5日(水)14:00~15:30(受付開始 13:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
   (東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員: 先着30名
料金: 8,000円(税込)

※セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方(Kindle版含む)は、5,000円で参加できます。
※セミナー会場での書籍の販売はございませんので、事前にご購入をお願いいたします。
※参加費は、当日受付にて現金でお支払いいただきます。
※領収書の宛名は、お申し込み時にご記入いただいた名義とさせていただきます。
 
 

お申し込みフォーム

申込内容
会社名必須
フリガナ
参加者名必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号必須
住所必須
領収書の宛名必須
文字を入力して下さい必須
captcha