PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

「プレスリリースは見てもらえましたか?」の電話は、百害あって一理なし!?

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

私は声を大にして言いたい!

プレスリリースを送った後に、「先日、プレスリリースをお送りさせていただいたのですが、見てもらえましたでしょうか?」と、編集部に電話をかけるのは、やめましょう!

私が、以前、
出版社であるビジネス誌の編集の仕事をしていた時のことです。その編集部には、郵送やFAXで毎日50件以上、多いときには100件以上のプレスリリースが送られてきました。熱心な企業の広報さんやPR会社さんからは、電話もかかってきました。

「わたくし、○○○会社の広報を担当しております△△△と申します。お世話になっております。昨日、×××に関するプレスリリースをお送りさせていただいたのですが、見てもらえましたでしょうか?」

当時は、
アルバイト等も含めて編集部には常時、5,6名のスタッフが働いており、その会社のプレスリリースは誰が受け取って、どう処理されたかについて、全てのスタッフが把握しているわけはありません。そこで、電話を受けた編集部員の対応はこうなりました。

「送って頂いたのなら届いていると思いますが・・・。ちょっと、誰が受け取ったか私は把握してないもので。必要があれば、こちらから取材依頼などのご連絡させていただきます。念のためもう一度送って頂けますか。」

ちなみに、
プレスリリースが編集部に届いた場合、大別して、以下のように処理されることが多いです。

  • Aランク(1%以下):ちょうど今探している情報に合致。取材依頼の電話をかける。
  • Bランク(10%程度):今は必要ないけど、将来的に使えそうなので、机の中かファイルに保管。もしくは、興味を持ちそうな他のスタッフに渡しておく。
  • Cランク(90%程度):使えない内容なのでボツ。ゴミ箱に直行。

当時、
私は編集長のポジションでしたので、毎日、全てのプレスリリースには目を通して、情報のバリューを判断し、前述のようなアクションをルーティンとしていました。

そういった作業をしている編集長なりデスクのポジションの方に、たまたま電話がつながればいいですが、そういうことは稀です。基本的に、外線の電話は、受付とかアシスタントがとりますので。

つまり、
「プレスリリースを見てもらえましたか?(電話)」は、広報PRをしたい側にとっては、偶然が重ならない限り、無駄なアクションなのです。一方で、編集部側では“仕事の邪魔をする迷惑な電話”と、感じる可能性が非常に高いのです。

この電話をして、取材につながらないだけなら、単なる時間と労力の無駄で済むのですが、残念ながら、最悪なリスクを秘めています。比較的小規模な編集部ですと、こういった迷惑電話をしょっちゅうかけてくる企業やPR会社の名前は覚えてしまいます。つまり、ブラックリスト入りです。ブラックリスト入り会社のプレスリリースは、当然見なくなります。無論、取材をすることもなくなります。

皆さま、
くれぐれもお気をつけくださいませ。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。