一流の広報マンが実践する「マスコミ人脈の作り方」

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

ベンチャー企業や中小企業がマスコミから取材してもらうのは本当に大変です。

苦労してPRのネタを考えて、知恵を絞ってプレスリリースを作り、何度も断られながらアポをとり、足しげく記者のもとに通い、相手の求める追加資料を用意して、、、それだけに、取材が実現し記事が掲載されたときは、何ともいえない達成感と喜びがあります。

しかし、
実はそこに落とし穴が、、、

記事掲載で満足してしまう広報マンが多いのですが、残念ながら、それでは三流です。記事の掲載はゴールではなく、記者との関係を築くためのスタート地点と考えてください。ワンランク上の広報マンは、この機会を活かして、マスコミ人脈づくりに着手します。戦いは、やっと始まりをむかえたのです。

まずは、
「記事を掲載して頂き、誠にありがとうございました」とのお礼メールを、可及的速やかにお送りしましょう。さらに「このたびの取材のお礼もかねて、ぜひお食事でも、、、」と誘ってみてください。夜が難しければ、ランチでもOKです。

ただし、
記者や編集者と食事をするのは、接待が目的ではありません。「食事をして仲良くなって、また記事を書いてもらおう」と、考えるのは二流です。

では、
一流の広報マンは、何のために食事をするのか?

その最大の目的は「情報収集」です。

  • その記者の担当分野、最近の興味関心事は何か
  • 次に書こうとしている取材テーマは何か
  • 日頃の行動パターン(出社時間や帰宅時間、1日の取材件数、いつ原稿を書いているか)
  • いつなら電話でコンタクトしても迷惑でないのか
  • その記者の過去の経歴(どんな部署を歴任してきたのか)
  • 1日に何枚くらいリリースを見ているか
  • リリースをもとに取材することはあるのか、どんなリリースなら取材したくなるのか
  • リリースを送付するならFAXがいいのかメールがいいのか
  • その記者いる編集局の組織体制はどうなっているのか
  • その記者の上司はどんな人物なのか 等々

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」で、まずは、相手の記者がどんな状況にあり、何を考えているかを把握することが、何よりも大切です。相手の興味関心事を十分に把握した上で、その記者が欲しがりそうな情報を、継続的に提供していきましょう。

記者には食事をご馳走して貸しを作ることはできませんが、「記者の役に立つ情報を提供すること」でなら貸しを作ることができます。

マスコミ人脈は、数ではなく、深さが大切。

取材してもらったら、終いではなく、やっとスタート地点なのです。以降、どのような関係を築けるか、そこが広報マンの腕の見せ所なのです。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。

-->