2018/11/09

PR会社に格安で発注するための「非常識な値切りテクニック」

PR会社

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

PR会社に業務を発注すると高いですよね。

大手のPR会社だと月額80~100万円、
中堅のPR会社でも月額60~80万円くらい、が相場でしょうか、

しかも、年間契約

ただし、
これも交渉と発注の仕方次第で、より安くすることが可能です。

ベンチャー企業が、大手PR会社・中堅PR会社に広報業務を発注する際の「値切りのテクニック」をご紹介します。

PR会社のコンペはしない

通常、PR会社への発注は、月額60~100万円で年間契約ですから、
総額で1000万円前後の費用がかかります。

となると、
複数のPR会社に声をかけて、オリエンテーションをして、その上で、提案を作ってもらいコンペをして・・・とするのが普通だと思います。

しかし、
安く発注したいのならコンペはやめましょう。

PR会社の立場からすると、あたりまえですが、営業活動や提案書作成、プレゼンテーションにも費用がかかっています。なので、PR会社はクライアントに提出する見積書にそれらのコストをのせてきます。これが、結果的にクライアントが支払う料金を高くしているのです。

社内コンセンサスが重要な大手企業なら話しは別ですが、未上場のベンチャー企業ならコンペをする必要性は低いでしょう。

「コンペはしませんので、その分の見積りを安くしてください。」
と言って、一社指名で発注した方が、クライアントにとっても、PR会社にとっても良い結果になります。

PR会社の担当者は1人に

大手や中堅のPR会社に広報業務を依頼すると、やたら大人数でチームを組みたがります。

・アカウントエグゼグティブ
・アシスタント
・PRプランナー
・テレビPR担当
・スーパーバイザー 等々

PR会社からすると、これだけの人員が関わっているのだから費用が高くなって当然、となるのですが、そもそも、そんなにスタッフが必要なのでしょうか。
マスコミ露出の多い、有名なベンチャー企業やスタートアップでも、広報担当者はひとり(+アシスタントが1名)であることが多いです。

つまり、
大企業ではなく、ベンチャー企業なら、優秀なPRマンがひとり入れば、十分結果を出せるのです。

「担当者はひとりでいいので、その分、安くしてください。」
と言って交渉してみましょう。

PR会社からの月次報告書を不要に

大手や中堅のPR会社に広報業務を依頼すると、
毎月、やたら立派な報告書が提出されます。

実は、
PR会社からすると、報告書作成の負担はとても大きいです。下手したら、担当者がまる一日かかっても終わりません。クライアントに提出する資料だから手抜きはできません。

しかし、
立派な報告書を毎月作ったからといって、メディア露出の成果が増えるかというと、そんなことはありません。

誤解を恐れずに言えば、報告書はクライアントの担当者が上司や社内に対する説明の意味合いが大きいでしょう。社内政治よりも、成果を優先するベンチャーやスタートアップでは、立派な報告書なんて不要です。少なくとも、簡易なもので十分なはず。

「報告書はいらないので、その分安くしてください。」
と言って交渉してみましょう。

PR会社に、新規クライアントを紹介する

PR会社に業務を発注したあと、その会社のサービスに満足しているなら、ぜひ、知り合いの会社の社長さまを紹介してあげてください。

もし、その紹介で受注が決まったら、
「僕の紹介で仕事が決まったのだから、うちの料金を安くして」
と言ってみてください。

PR会社側もお客が増えて儲かっているのだから、値引きを検討して当然だと思います。

大手・中堅のPR会社に発注したいけど、
「予算感があわないなー」とお悩みのベンチャー企業の皆さま、
ぜひお試しください。

野澤直人

 


 
 
 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

 

2019/6/5 広報PRセミナー
『さんまのス―パ―からくりTV』『金スマ』を手掛けた
元TBSプロデューサーが語る「広報PRのアイデア発想法」

 
広報担当者には、マスコミにとってニュース性のある企画や斬新なアイデアを出す能力が求められます。

そのベースとなるのは、マスコミ、広告、ネット媒体、SNS等についての最先端の知識と、メディアリテラシー(メディアに関する深く広い教養)です。

そこで今回は、メディアに関する最先端の教養を学びながら、広報担当者としての「企画力」「アイデア力」「発想力」を鍛えるためのセミナーを企画しました。

「さんまのスーパーからくりテレビ」「金スマ(中居正広の金曜日の妻たち)」など、TBSの人気バラエティ番組を手掛けた元TBSプロデューサー 角田陽一郎氏”に、「広報PRアイデア発想法」をテーマに講演して頂きます。

<セミナーコンテンツ>

  • 最前線で活躍するメディア人が語る「次世代のメディア論」
  • これからは広告ではなく「告広」の時代
  • 広報担当者が知っておくべき「テレビ番組の0次利用」とは
  • 企画や広報やPRが不発におわる理由
  • 元TBSプロデューサーが語る人気情報番組の攻略法
  • マスコミ視点で語る「マスコミへの実践的アプローチ」
  • 無名企業の作るパンツが世界中の著名人やセレブに愛される大ヒット商品になったワケ

<講師プロフィール>

バラエティプロデューサー
角田 陽一郎

1994年にTBSテレビに入社。元TVプロデューサー、ディレクターとして「さんまのスーパーからくりTV」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「EXILE魂」など、主にバラエティ番組の企画制作をしながら、2009年ネット動画配信会社を設立。映画監督、音楽フェスティバル開催、アプリ制作、舞台演出など多種多様なメディアビジネスをプロデュース。2016年12月31日付でTBS退社。2017年1月より「オトナに!」(TOKYO MX)、「イク天~イクぜ、バンド天国」(BS-TBS)などプロデュース。
 
 

『さんまのス―パ―からくりTV』『金スマ』を手掛けた
元TBSプロデューサーが語る「広報PRのアイデア発想法」

<セミナー概要>
日時: 2019年6月5日(水)14:00~15:30(受付開始 13:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
   (東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員: 先着30名
料金: 8,000円(税込)

※セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方(Kindle版含む)は、5,000円で参加できます。
※セミナー会場での書籍の販売はございませんので、事前にご購入をお願いいたします。
※参加費は、当日受付にて現金でお支払いいただきます。
※領収書の宛名は、お申し込み時にご記入いただいた名義とさせていただきます。
 
 

お申し込みフォーム

申込内容
会社名必須
フリガナ
参加者名必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号必須
住所必須
領収書の宛名必須
文字を入力して下さい必須
captcha