芸能人を招いての記者発表会に疑問あり

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

企業の記者発表をテレビで報道してもらうひとつの手段として、「芸能人・タレントを使う」という手法があります。

たしかに、
旬の芸能人やタレントを記者発表会に呼ぶと、テレビ番組からスポーツ紙、女性誌まで、多数のマスコミが会場に集まります。

ただし、
この手法には様々な問題があります。ご想像の通り、最も大きな問題は、多額な資金を必要とする点です。

著名な芸能人やタレントを記者発表会に呼ぶと、1,2時間の拘束で、100万円くらいの費用がかかります。大企業ならともかく、中小ベンチャー企業には、到底出せない金額ですね。

実は、
そもそも論に問題を抱えています。
こうした記者発表に来るのが、各媒体の「芸能人取材班」だということです。彼らの目的は、芸能人やタレントを撮ってコメントを聞くことなので、記者発表会を開いた企業の商品や取組みには、基本的に興味はないのです。そのため、発表会当日は多数のマスコミが押し寄せますが、翌日の放送では、メインはあくまで芸能人で、本来主役であるはずの商品は、申し訳程度しか紹介されない、なんてことになります。

大手PR会社に記者発表会の企画運営を依頼すると、芸能人・タレントの活用をすすめてくる場合が多いですが、これはいかがでしょうか、、、

まず、記者発表会に、テレビ番組を呼ぶのなら、「情報番組」「報道番組」の取材班でないと意味がない、と肝に銘じましょう。また、中小ベンチャー企業でも、やり方次第では、芸能人・タレントを使わずに、20~30の媒体を記者発表会に呼び込むことは可能です。

芸能人やタレントに頼らず、記者発表会にマスコミを呼べるのが、真の広報マンですよね。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。