2018/02/05

記者に誤報を書かれないためにはどうしたら良いか

PR会社

ベンチャー企業・スタートアップのためのPR会社 ベンチャー広報の野澤です。

メディアが発言の一部を切り取り、メディアの思惑にそって取材対象者の意図と違った形で報道することは、少なくありません。

佐藤栄作総理大臣が1972年6月に退陣表明記者会見を行う際、「新聞記者の諸君とは話さないことにしてるんだ。新聞になると、文字になると(真意が)違うからね。僕は国民に直接話したい。」と言って、1人テレビカメラに向かって演説したエピソードは有名です。

この問題はそれくらい古くからあるものなのです。

ですから、
広報PRにたずさわる人間は、
「取材を受けたときの発言は(良くも悪くも)必ず編集される」
ということを肝に銘じなければなりません。

報道である以上、
こちらの発言がどう編集されるかは直接コントロールできません。そこで重要なのが、「メディアから好感を持たれる」ということです。

メディアも報道するのは人間ですから、感情があります。
取材対象者が憎いと思えば記事も辛辣になりがちですし、逆に好感をもてば、批判的な記事は書きづらくなるものです。

過去の政治家において、メディア対応が非常に上手かったのは小泉純一郎元総理でしょう。
実際にメディア戦略を行ったのは飯島勲・首相政務秘書官と言われていますが、5年以上の長きにわたり長期政権が実現できたのは、そのしたたかなメディア戦略を抜きにしては語れません。

「自分は政治家ではないし、そんなの関係ないよ」
と思われるかもしれませんが、中小ベンチャー企業の取材現場でも、実は知らず知らずのうちに記者に悪印象を与えていることがありますから注意が必要です。

よくあるダメな例を2つ書きます。

いつ記事が出るのかをしつこく記者に聞く

気になるのはわかりますが、基本的にやらない方が無難でしょう。

「取材したからといって、必ず記事を書くわけじゃないよ」
「いつ報道するかまで、取材先のあなたに指図されたくない」

というのが記者側の本音なのです。

新聞の場合には、いつ記事を掲載するかの権限は記者ではなく、その上司であるデスクにあるのが基本なので、記者をせかしても印象が悪くなるだけで、あまり意味がなかったりします。

自分の意にそわない記事が出た際、訂正を求める

「なんでこんな記事が出るんだ!訂正させろ!」

と感情的になり、訂正記事を求める経営者の方がいますが、これもやめたほうがいいです。そんな対応をすれば、その記者あるいはその媒体は二度と取材してくれなくなります。

記者も人間ですから、
悪意なく間違うこともあります。固有名詞などの事実関係の誤記は、(あくまで紳士的に)指摘してあげましょう。自分の意図と異なる書かれた場合でも、相手の記者を非難せず、「私の説明がわるかったですね。」といいながら、自社の情報や自分の想いを再度伝えて、次回の取材につなげるくらいのしたたかさが欲しいところです。

繰り返しますが、
広報PRの難しさは自分の発言内容が必ず編集され、報道内容が自分ではコントロールできない点にあります。

それゆえに、
メディアにどう好感をもってもらうか。

更に言えば、
メディアの中に、どれだけ自社や自分のファンを作れるか。ということが、広報PRを成功させるために重要なのです。

野澤直人

 

 

  • [ベンチャー広報・メールマガジン]のご登録(無料)はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報が、10年以上の歳月かけて培ってきた広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。

・「ゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

とお考えの方は、[ベンチャー広報・メールマガジン]をご登録ください。
 

 
 


 
 
 
以下、最新イベント(2020.7.21)のご案内です。
 

『SNS時代こそ、テレビに取り上げられる価値がある』
現役放送作家から学ぶ "テレビアプローチの成功術"


 

SNS時代だからこそ、テレビの影響力は絶大!?

「若者のテレビ離れが加速している...」

そんな報道を目にするようになりましたが、巷で言われるように、"本当に" テレビの影響力は低下しているのでしょうか?

この疑問に対し、これまで数々の民放テレビ局・ニュース情報番組に放送作家として関わってきた石田章洋氏は「SNS時代だからこそ、テレビの影響力は絶大だ」と断言しています。

そこで、今回の広報PRセミナーでは、テレビ現場の裏側まで知り尽くしたベテラン放送作家(兼 PRアドバイザー)の石田氏をお招きし、SNS×テレビ露出に求められる広報戦略に不可欠な要素とは何か、SNSとの相乗効果が生まれるテレビ番組への露出とはどのようなものか、これらのテーマについて、石田氏が実際にテレビ局の中の立場でこれまで受け取った数多くのプレスリリースから成功した事例&失敗した事例に基づく実践的 "テレビアプローチの成功術" について余すところなく語っていただきます。

概要

日 時:2020年7月21日(火)13:00~14:30(12:55から入室可能)
    トークセッション 60分 / 質疑応答 30分
料 金:無料
対象者:企業の広報パーソン ~3年程度の方
    スタートアップ、ベンチャー企業の経営者
会 場:オンラインのみです。Zoom(ウェビナー)での開催です。

【ご留意点】
・本セミナーは、企業の経営者や広報担当者向けです。弊社の競合企業(PR会社)の社員、関係者の方はお申込みをご遠慮ください。
・新型コロナウイルス感染拡大に伴い、外出規制が発令された場合、オンライン配信ができなくなる場合もございます。その際は開催を中止させていただくことになりますので、あらかじめご了承ください。

セミナーコンテンツ

  • 基本の「き」、テレビPRのメリット/デメリット
  • テレビ露出からのSNS活用法
  • 狙うのはバラエティではなく情報報道番組!?
  • テレビ番組スタッフはどうやってネタを探しているのか
  • テレビ用のプレスリリースは、タイトルが9割!?
  • こんなタイトルのプレスリリースは絶対読まれない
  • テレビが飛びつく4原則とは

※一部変更になる場合があります。

講師プロフィール:石田章洋氏

放送作家 兼 PRアドバイザー(ビジネス書著者としても活躍中)
石田 章洋(いしだ あきひろ)氏
1963年岡山県生まれ。放送作家。日本脚本家連盟員。日本放送協会会員。

テレビ朝日アスク放送作家教室講師・市川森一藤本義一記念東京作家大学講師。30年にわたり各キー局のバラエティ番組・情報番組・クイズ番組・報道番組など、様々なジャンルのテレビ番組の企画構成を担当。

主な担当番組は「世界ふしぎ発見!(TBS)」「TVチャンピオン(テレビ東京)」等。手がけた番組の合計視聴率は5万%超え。構成を担当した「世界ふしぎ発見!~エディ・タウンゼント 青コーナーの履歴書」が第45回コロンバス国際フィルム&ビデオ・フェスティバルで優秀作品賞を受賞するなど番組の企画構成に高い評価を得ている。

主な著書は、『企画は、ひと言。』(日本能率協会マネジメントセンター)『スルーされない技術』(かんき出版)『ビジネスエリートは、なぜ落語を聴くのか?』(日本能率協会マネジメントセンター)『インクルージョン思考』(大和書房)『一瞬で心をつかむ文章術』(明日香出版社)『おもしろい伝え方の公式』(日本能率協会マネジメントセンター)等、10冊以上を執筆。

2019年より、長年かけて培った放送作家の経験と人脈を活かした"PRアドバイザー"としても活動中。企業や店舗、商品やサービスの知名度改善および売上向上のための"テレビ取材獲得ノウハウ"に強みを持つ。

お申し込みはこちら

 

 

  • [広報初心者のためのオンラインサロン・ゼロイチ広報]のご登録はこちら

株式会社ベンチャー広報は、創業から10年間で中小・スタートアップ企業に特化して300社以上の広報PR活動をサポートしてきました。その中でPRコンサルタントに蓄積されてきた独自の中小ベンチャー企業向けPR手法を、次世代に還元していく場が「ゼロイチ広報」です。

 

 

  • [野澤直人のゲリラ広報]ベンチャー広報・社長メールマガジンのご登録はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人が、雑誌編集者→ベンチャー企業の広報PR担当者→PR会社社長、という異色の経歴から培った、令和時代を生き抜くための広報戦略と野澤独自のゲリラ的広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。