PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

未経験者が1人前の広報担当になるための最短距離とは!?

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

こんな質問を受けることがあります。

「別の部署から異動して、広報の担当になりました。まずは何から始めたらいいでしょうか」

プレスリリースを書いてマスコミにFAXでばらまき、それで仕事をやった気になっている広報担当者も多いですが、失礼ながら、それでは何の力もつかないと思います。

広報未経験者の方が短期間で成長するための方法として、私は下記2つの実践をお勧めしています。

広報PR関連の書籍を10冊読む

広報PRの未経験者、初心者はまずは本を読んで、知識を身につけるところから入るのが良いと思います。ポイントは、amazonで購入するのではなく、大き目の書店に行って本を買うことです。広報PR関連の本は、同じような内容の本が多いので、内容をパラパラ見ながら、をまずはオーソドックスな本を3冊程度選びましょう。

例えば、
こんな具合です。

  • 広報PRの基本がわかる教科書的な本
  • プレスリリースの書き方がわかる本
  • 広報PRの成功事例が紹介されている本

さらに、
広報PRの各論について書かれている本を読みます。

  • テレビPRについて詳しく書かれた本
  • WEB広報ついて詳しく書かれた本
  • 戦略PRについて書かれた本
  • 危機管理(謝罪会見など)について書かれた本
  • 広報PRの効果測定について書かれた本
  • 海外の広報PRについて書かれた本

こういった形で10冊程度読めば、知識としては十分です。本気で取組むなら、10冊は1ヵ月以内に読破したいですね。

ただ、
知識だけで広報PRが出来るようになるほど甘くはありません。

そこで、
次の活動が重要になります。

マスコミ関係の人と会いまくる

広報PRの仕事で成功するための一番の近道は、「マスコミ人の気持ちを知ること」、これに尽きます。相手(マスコミ人)の気持ちがわからなければ、プレスリリースを書くにしても、取材を依頼するにしても、うまくいくはずがありません。

私は幸いなことに、
広報の仕事をする前に、出版社で雑誌の編集をしていたので、マスコミ人の気質や考え方、生活パターンが感覚的にわかるのですが、そうでない方にとって、マスコミの人の気持ちを知るのは非常に難しいと思います。マスコミ経験のない方が、記者や編集者、テレビのディレクターについて知るには、とにかく彼らと直接会って話すしかありません。

以前、
ある新人の広報の方(女性)に、このようにアドバイスをしたところ、「6ヵ月で100人のマスコミ関係者に会う」という目標を立てて、それを見事やりとげました。

今現在、
彼女の広報のキャリアはわずか1年半ですが、多くのマスコミ露出を獲得し、大活躍しています。

・・・・・・・・

もしあなたが、広報PRの初心者なら、書籍10冊の読破+マスコミ関係者100人と会うをぜひ実践してみてください。

短期間で一人前の広報担当者になることは、それほど難しくないと思いますよ。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。