PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

1人の親しい記者は、千通のプレスリリースにまさる

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

弱小プロレス団体が日刊スポーツに取り上げられたことがあります。

弱小も弱小、
相当のプロレス通でも「聞いたことないな」という方がいらっしゃるほどのマイナーな団体です。

しかも、
囲みの小さな記事ではなく、1ページの2/3以上を使って、同団体が紹介されたのです。広告費に換算したら数百万円は下らないはずです。

なぜ、
弱小団体の記事がこれほど大きく取り上げられたのでしょうか。団体の代表に話を伺わせていただいたのですが、成功のポイントは2つありました。
「マスコミ人脈」と「企画力」です。

プレスリリースを不特定多数に1000件送るよりも、親しい記者1人に直接会ってリリース内容を説明した方が、記事になる可能性は高いです。人脈は強いですよね。

「マスコミ人脈を作る」というと、
とても大変なことに感じるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

誰でも、
最初はマスコミ人脈ゼロからスタートします。マスコミ関係の知り合いが何十人、何百人といる必要はないのです。

まずは、
1人でOKです。3人できれば十分でしょう。

ただし、
この3人はただ単に名刺交換をした程度では不十分です。いつでも電話やメールで連絡が取れて、気軽に食事したり飲みに行ったりできる深い仲である必要があります。

マスコミ人脈は数ではなく、深さがより重要です。
「今、特集でこんなネタを探しているのだけど、いいネタないかな?」と相手から相談されるようになれば本物でしょう。

人脈が深くなれば、次のような協力を得ることができます

  • 別のマスコミ関係者の紹介
  • 先々の特集予定の紹介
  • プレスリリースの内容についてのアドバイス

マスコミ関係者(記者、編集者、ディクレクター)に深い友人が3人できたら、あなたの広報活動は飛躍的にうまくいくようになるはずです。

では、
その3人をどう作るか?
それについては、あらためてでご案内いたします。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。