マスコミに売り込むだけが、広報担当者の仕事ではありません。

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

ある広報マンから、こんな相談を受けました。

「マスコミへの訪問活動や取材を通じて、記者や編集者を少しづつ開拓できるようになりました。
でも、その後どんなコミュニケーションをとったらいいのかわかりません。
とりあえず、知り合いになった記者さんには、毎回プレスリリースは送っているのですが。」

プレスリリースをFAXやメールでばらまけど、ぜんぜん取材にならない。
という状態から脱却して、記者や編集者の人脈ができてきたら、次に出てくるのがこの課題です。

一度開拓したマスコミ関係者と、継続的にどんなお付き合いをすればいいのか?
どんなコミュニケーションを取れば、関係性が深まり信頼関係が作れるのか?

せっかく、
記者や編集者と名刺交換をして面識が出来たのに、その後も相手にプレスリリースを送るだけでは、非常にもったいないです。
それでは関係性が深まることはないでしょう。

飲み食い、接待して仲良くなる?
それも悪くはありませんが、イマイチです。

ではどうすればいいのか?

優秀な広報マンが実践しているノウハウをご紹介します。

1、記事や番組の感想をメールで送る

知り合いになった記者が書いた記事や、編集者が担当した特集を常にチェックし、
読んだ感想をメールで送りましょう。ほんの数行でかまいません。

これは
「私はあなたを常に気にかけていますよ」
というメッセージになります。このようなコミニケーションを嫌がる記者や編集者はまずいません。また、こんなことをしてくる広報担当者はあまりいないので、記者・編集者からすると、その広報担当者のことは自然と印象に残ります。

結果、
その広報担当者が送って来たプレスリリースは無視しづらくなり、必ず目を通すようになるのです。
これは大きいですよ。

2、記者や編集者にとって役に立つ情報を送る

自社のプレスリリース以外でも、彼らの取材や企画に役立ちそうな情報を積極的に提供しましょう。

  • 最近話題になっているモノ・コト
  • 売れ筋の商品。ヒットのきざしのある商品
  • 一部で流行になっている事象

なんでもかまいません。

「私はあなたの役に立ちたい」
という気持ちを相手に伝えることも、目的のひとつだからです。

これをすることで、あなたは相手(記者・編集者)にとって、
「プレスリリースを押し売りしてくる人」
から
「取材活動をする上で、有益な情報を提供してくれる人」
になることができます。

できれば、
それぞれの記者・編集者が、どんな分野の担当で、どんな事柄に興味関心があるのを事前にリサーチしておき、それに合った情報を提供できればベストです。

自社の情報を売り込むだけが、広報担当者の仕事ではありません。

記者・編集者の良いパートナーになることができれば、
自社の取材やマスコミ露出は自然に増えますよ。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。

-->