PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

「プレスリリースの転載」と「マスコミ露出」は似て非なるもの!?

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

前回のメールマガジンで、

「プレスリリース自体がWebメディアに掲載されること」と
「自社の記事がWebメディアに掲載されること」
は似て非なるものです。

と書いたところ、複数の読者の方からご質問を頂きました。
この2つを混同されている方も多いようですので、今回はこの点について整理してみたいと思います。

広報PRのツールとして
「プレスリリース配信代行サービス」
というものがあります。

その名のとおり、
プレスリリースをメールまたはFAXで各メディアに配信してくれるサービスです。

「ア○トプレス」「バ○ュープレス」あたりが有名ですが、最近私のまわりでは「ド○ームニュース」を使っている企業さんが多いですね。

自社でマスコミのリストを持っていなくても、手軽にプレスリリースの配信ができるのが利点です。

さらにリリース配信以外の付加価値として、各社とも以下のように宣伝しています。

●各種Webメディアとの提携により、配信されたプレスリリースがそのまま有力サイトに掲載されます。

●プレスリリースを送付すると、提携メディアに掲載され一般ユーザーから閲覧・検索されます。


Webメディア側では、
企業のプレスリリースをそのまま掲載するコーナーをコンテンツのひとつとして持っており、要はそこに配信したプレスリリースが掲載されるわけです。

例)「exciteニュース」のプレスリリース掲載ページ

実際に、
プレスリリースを配信するだけで、80媒体以上に掲載されるケースもあります。

それを見て、
「うちの記事がたくさんの媒体に掲載された!」
と大喜びしている方がいらっしゃいますが、これは大きな誤解です。

注意しなければいけないのは、
これは単にプレスリリース自体が転載されただけで、記事ではないということ。

特に広報PRの初心者の方には「プレスリリースの転載」と「記事」を混同している方が多いように思います。

両者には本質的に大きな違いがありますので、ポイントを整理しておきましょう。

「記事」(=マスコミ露出)
・プレスリリースなどの1次情報をもとに、記者や編集者が独自の視点で取材をして作成したもの。
・発信主体はマスコミ。
・客観的第三者であるマスコミが発信した情報なので、信用する人が多い。
・掲載のハードルが高い。

「プレスリリースの転載」
・プレスリリースがそのままWeb上にアップされたもの。
・発信主体はあくまで企業。
・企業が自社の宣伝のために発信している情報、と受け取られがち。
・掲載のハードルは低い。(リリース配信代行サービスを利用すれば、自動的に掲載される)

ただし、
前回のメールマガジンでも書きましたが、プレスリリースがWebメディア等に多く掲載されることで、そこから自社ホームページへの流入が増えたり、外部リンク増によるSEO効果が期待できるので、そういった意味での価値は高いです。

「プレスリリースの転載」と「マスコミ露出」は似て非なるもの。
それぞれ、異なる価値があることを理解しておきましょう。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。