テレビ番組から自動的に取材が入る仕組みづくり

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

「自社の商品・サービスをテレビ番組に出すにはどうしたらいいでしょうか」
という相談をよく受けます。

もちろん、
こちらからプッシュしてテレビに取材してもらうことも可能ですが、テレビというのは比較的取材のハードルが高い媒体です。

実は、
こちらからプッシュせずに待っているだけで、テレビ番組から取材される秘訣があります。

それは、
WEB媒体や新聞、雑誌など、テレビ以外の媒体に一生懸命PR活動をすることです。

テレビに出たいのに、なんでそれ以外の媒体にアプローチするの?
と思われるかもしれません。

実際、テレビの制作者(ディレクターやプロデューサー)たちは番組を制作する際、WEBや新聞、雑誌で流行っていることを番組にする傾向があります。
つまり、テレビのネタ元はWEBや新聞、雑誌なのです。

ですから、
テレビからの取材を受けたければ、急がば回れで、まずはそれ以外の媒体でマスコミ露出を増やすのは有効なのです。

私のクライアントでも、

  • 「日経MJ」に記事が掲載されたら、「ワールドビジネスサテライト」から取材依頼がきた
  • 「SPA!」に記事が掲載されたら、「とくダネ!」から取材依頼がきた

なんて話がよくあります。

こういったマスコミの特性を理解できていれば、テレビ番組の関係者に会って自社の商品・サービスを売り込む際も、ひと味ちがった攻め方ができます。

私がよくやるのは、
PRしたいネタの新聞記事や雑誌の記事をお土産にテレビ局を訪問する、という作戦です。

「今、この商品が話題なんですよ。ニュース性がありますよ」
と広報担当者がいくら言ったところで、それを証明するものがなければ、テレビの制作者は関心をもってくれません。

例えばそこで、
「この新聞でもこの雑誌でも、このWEB媒体でも、弊社の商品が取り上げられています。
今、世の中でこんなに話題になっているんですよ。」
と言えれば、説得力が全く違ってきます。

テレビ番組のディレクターも企画を会議で通す際に、上司から
「なぜ今、この企画をやるべきなのか」
を必ず聞かれますが、その際に新聞や雑誌の記事があると、企画を通しやすくなるのです。

プレスリリースだけでなく、それが新聞や雑誌で記事化されたものをお土産として持っていくと、けっこう喜ばれます。

結論。
テレビに出たければ、まずは新聞、雑誌、WEBから攻めよ。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。

-->