広報PR活動における『PDCAサイクル』とは

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

一生懸命頑張ったのに『結果ゼロ!』、経験ありますよね。広報PR活動にはつきものだと思います。

ですが、

実は、
『結果ゼロ!』=『収穫ゼロ』ではないのです。

今回は、
グループウェアを提供する企業の広報PRをお手伝いした時の話しを例に、『結果ゼロ!』≠『収穫ゼロ』についてご紹介いたします。

約1ヵ月間努力を重ねましたが、

残念ながら、
その時は1件の取材も取ることができませんでした。

  • PRのネタを必死に考えて
  • プレスリリースを何度も書き直し
  • さまざまな媒体の過去の報道内容を調べ
  • 記者・編集者の名前を20名ほどリストアップし
  • 彼らに直接電話をかけて
  • ひとりひとりに取材依頼をしました

これだけ多くの時間と手間をかけて取り組んだのに、『結果はゼロ!』

取材するかどうかを決めるのはマスコミ側ですから、正しいやり方をしても、結果が出ないことは当然あります。

ここが、
広報PR活動の難しいところですね。

でも、
今回の活動が全く無駄だったかというと、そんなことはありません。

目に見える結果はゼロでも、実は多くの『収穫』があったのです。

まず、
今回の活動の中で、グループウェアに興味を持ちそうな記者・編集者の氏名と連絡先(直通の電話番号、メールアドレス)を新たに取得することができました。

当然ながら、
この会社はグループウェアに関するプレスリリースを今後も出して行くわけですので、これらの記者・編集者のリストはその会社の大きな財産になります。

次に、
記者・編集者と直接電話で話しているため
「なぜ、今回のプレスリリースが記事にならないのか」
というダメな理由を聞くことができました。

また同時に、
「どんな内容なら記事になる可能性があるのか」
という「今後どうすれば良いか」というヒントも記者・編集者から直接教えてもらえました。

これらの情報を活かして、今後発信するPRのネタやプレスリリースの内容を改善すれば、次回からはより高い確率で取材をとることができるでしょう。

しかも、
アプローチすべき先の記者・編集者の個人名と連絡先はわかっています。

まとめると、

  • PRネタを考えてプレスリリースを作成し、アプローチ先を選定(計画)
  • 電話や訪問でマスコミ関係者と直接接触する(実行)
  • マスコミ関係者からPRネタについての意見を聞く(評価)
  • その意見をもとに今後のPRネタを再検討(改善)

これが、広報活動におけるPDCAサイクルです。

Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)

正しい方法で広報活動を行い、PDCAサイクルを回し続ければ、改善を重ねることで、一歩一歩前進し、近い将来、必ず結果(=取材、マスコミ露出)につながります。

メールやFAXで一方的にプレスリリースをばらまくだけでは、こういった知見は得られず、いくらやっても進歩はありません。

一人前の広報マンになりたいのなら、
プレスリリースの無差別配信はいち早く卒業して、今すぐPDCAサイクルの第一歩を踏み出しましょう。


 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

2019/2/5 広報PRセミナー
『ニュース番組の違いは「組織」を見ればわかる』
民放キー局・現役プロデューサーがわかりやすく解説

 
こんにちは。ベンチャー広報の野澤です。

「テレビ番組から取材されたいのですが、どうしたらいいでしょうか」
これは広報担当者の方から頂く最も多いご相談のひとつです。

まずやるべきことは、
テレビ番組を実際に視聴して、取材されたい番組の報道内容をしっかり分析することでしょう。

ですが、
一流の広報マン、PRパーソンを目指すなら、それだけでは不十分です。

例えば、
テレビのニュース番組・情報番組といっても、放送される時間帯によって、「狙っている視聴者のターゲット」「取り上げられやすいネタ」「コンタクトすべき相手(テレビ局のスタッフか、制作会社か等)」などが大きく異なります。これらの番組特性を深く理解することではじめて、テレビ番組に対してより効果的な広報活動ができるようになるのです。

そこで今回、
民放キー局の現役プロデューサーを講師にお招きし、「朝の情報番組」「昼のワイドショー」「夕方のニュース番組」「夜の報道番組」の違いについて、わかりやすく解説してもらうセミナーを企画しました。

  • 地上波のニュース番組は「朝」「昼」「夕方」「夜」「ストレート」の5種類
  • この5種類で「組織」「ニュースの作り方」「好きなネタ」は全く違う
    「朝」「昼」「夕方」「夜」それぞれのニュース番組のコンセプトの違いとは
  • 朝のニュース番組の組織体制は、制作会社主導の●●●制
  • 昼のニュース番組が狙っている視聴者ターゲットを理解する
  • 夕方のニュース番組の特集は●●●●●が多い
  • 夜のニュース番組を狙う場合、コンタクトすべき相手とは
  • 番組によってこんなに違う「ネタを提供すべき時期」
  • 「今話題のインターネット放送局」が求めているニュースとは?

ぜひこの機会に、テレビ番組の制作現場についての知見を深めてください。
それが広報担当者としてのレベルアップにつながるのは間違いありません。

本企画の参加者特典 …
名刺交換していただけるよう、講師(民放キー局・現役プロデューサー)にご快諾いただきました。

<講師プロフィール>
民放キー局で報道番組制作経験20年以上。夕方ニュース、夜のメインニュース、朝のワイドショーなどの報道番組でディレクター・チーフディレクター・プロデューサーを歴任。インターネットニュースなどの制作経験も持つ現役の民放キー局プロデューサー。

広報PRセミナー 2019年2月5日(火) 14:00~

『ニュース番組の違いは「組織」を見ればわかる』
 民放キー局・現役プロデューサーがわかりやすく解説

<セミナー概要>
日時: 2019年2月5日(火) 14:00~15:30(受付開始 13:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID(東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員: 先着50名
費用: 8,000円(税込)

※セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方(Kindle版含む)は、3,000円割引となり、5,000円で参加できます。
※セミナー会場での書籍の販売はございませんので、事前にご購入をお願いいたします。
※参加費は、当日受付にて現金でお支払いいただきます。
※領収書の宛名は、お申し込み時にご記入いただいた名義とさせていただきます。

 
 

お申し込みフォーム

申込内容
会社名(必須)
フリガナ
参加者名(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
住所(必須)
領収書の宛名(必須)
文字を入力して下さい(必須)
captcha