飲食店のマスコミ広報は特別な仕掛けが必要です。

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

名古屋で人気の某飲食店が東京進出をする際に、広報PRをお手伝いさせていただいたことがあります。

オープン前日にメディア限定のお披露目会(オープニングレセプション)を実施したところ、30名以上のマスコミ関係者に参加していただくことができました。
お陰様でWEB媒体やテレビ番組で注目のお店として報道され、その後もしばらくマスコミ露出が続きました。

大手チェーンを除けば、外食は圧倒的に中小企業、個人事業主、独立開業が多い業界です。
私が尊敬する外食専門媒体の編集長にいわせると
「飲食こそベンチャーだ!」
ということになります。

同じ中小ベンチャー企業でも、メーカー、流通、サービス業などの一般企業と異なり、外食関連企業(特に店舗のPR)のマスコミ広報はちょっと特殊で、独特のノウハウが必要です。
今回はそのあたりについて書いてみたいと思います。


 

1、浅く広くたくさんのマスコミ関係者に情報を流す

中小ベンチャー企業が不特定多数のマスコミ関係者にプレスリリースを一斉配信する手法について、私は基本的に否定的な立場ですが、飲食店の場合は例外と考えています。
「飲食ネタ」というのは取材の間口が広く、比較的多くのマスコミが興味を持つからです。
私の経験上、飲食店の場合、リリース一斉配信のみでマスコミから取材依頼が来る確率は、中小ベンチャーの一般企業に比べると格段に高いです。

飲食店を広報PRする場合には、メール、FAX、郵送など多くの手段を使って、なるべくたくさんのマスコミに情報を発信しましょう。

2、プレスリリースはビジュアル重視で

一般企業の場合、文字が中心でそこに写真や図表が数点入れて、モノクロ(白黒)でリリースを作る場合が多いですが、飲食店の場合は違います。
飲食店のプレスリリースはビジュアル重視。
店舗の外観や内装、ドリンクや一押しメニューの写真をふんだんに使い、フルカラーで作ります。文章の説明よりも視覚に訴えた方が効果的です。

3、オープニングレセプションを活用する

お店が新規オープンするタイミングで広報PR活動をする飲食店が多いと思いますが、その場合、オープン前にメディア限定のお披露目会(=オープニングレセプション)を開催することをおすすめします。
要は、マスコミ関係者をお店に招待して無料でドリンクや食事を楽しんでもらう、というイベントです。

100%ではありませんが、レセプションに来た媒体は一定の確率で記事を書いてくれます。またレセプションでお店が盛り上がっている様子は、通行人や近隣の方から目立ちますから、正式オープン前の良い宣伝にもなります。
マスコミ関係者の他に、飲食ブロガーを招待するのもいいですね。

先ほど、飲食店の場合はプレスリリースを不特定多数にばらまくのが有効、と書きましたが、レセプションをフックにすることで、さらに反応率を高めることができます。
つまり、プレスリリースにレセプションの招待状をつけて、
「参加希望の方は、FAX・メール・電話でお申込ください」
とやるわけです。
ある程度ニュース性のある飲食店であれば、リリースを送っただけで、20~30人のマスコミ関係者をレセプションに集客できます。

4、飲食店はテレビ取材が取りやすい

飲食店の広報PRをやってみるとわかるのですが、一般企業にくらべて、圧倒的にテレビ取材が入りやすいです。
テレビの制作関係者に言わせると、
「飲食ネタは視聴率が取りやすい」とのこと。
飲食店の広報PRをやるなら、積極的にテレビを狙ってゆきましょう。

5、取材を増やしたいならランチをやる。

飲食店をなるべくたくさんのマスコミに取り上げてもらうために、必要なことは何でしょう?

    ・流行の食材を使ったオリジナルメニューを作る
    ・目新しい業態として打ち出す
    ・「海外から初上陸!」「東京に初進出!」などの話題性で押す

いずれも正解ですが、これらは誰でも思いつくことで、普通ですね。

意外と見落としがちな重要なポイントが「ランチをやること」です。
レストランや居酒屋だと夕方から夜だけの営業でランチをしないことも多いですが、マスコミ取材を増やしたいのなら、絶対にランチをやるべきです。

情報誌やテレビ番組で「ランチ特集」というのは意外に多い。
夜の営業しかしないと、この枠で取材を受ける可能性がなくなります。これはもったいないです。
ぜひ、お店のウリになるようなユニークなランチメニューを考えてみてください。


飲食店の広報のコツがなんとなくおわかりいただけたでしょうか。

この分野のPRは、それはそれで奥が深く一度に全てを語るのは難しいです。
また機会があれば、続編を書いてみたいと思います。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。