PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

マスコミ露出の成果を最大限に活かす「報道実績の二次利用」 

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

広報活動を続けていくと、少しずつマスコミでの露出実績が増えてきます。

そうなってきたら次に考えるべきなのが、
「報道実績の二次利用」です。

自社のサービスについて書かれた新聞記事や、社長が出演したテレビの映像を、事後にうまく活用することで、事業全体に様々なメリットを生み出すことができます。

10年以上にわたり、私が中小ベンチャー企業の広報活動にたずさわる中で、最も効果的だった手法がこちらの3つです。

1、新聞記事を営業用資料として活用する

取引先を説得するにあたり、自社で作ったパンフレットよりも、自社の商品やサービスが掲載された新聞や雑誌の記事の方が、より大きな効果を発揮する場合が多々あります。
相手から見ると、

  • 自社パンフレット=自画自賛。企業にとって都合のいいことしか書いていない。
  • 新聞や雑誌の記事=信頼できる第三者からの客観的情報。

という違いがあるためです。

ただし、新聞や雑誌の記事コピーを営業用に使うことは、著作権の侵害になる可能性があるので、運用には十分注意してください。

出版元に依頼をして、掲載記事を「抜き刷り」という形で印刷してもらう方法があります。
(もちろんお金がかかりますが)
もしくは、記事が掲載された新聞や雑誌自体を複数購入し、それ自体を対面で取引先に見せる、あるいは差し上げるのであれば問題ないでしょう。

2、採用活動を行う際の会社紹介資料として記事を使う

会社を成長させるために、優秀な社員を増やすことは必要不可欠です。
しかし、中小ベンチャー企業が優秀な人材を採用するのはとても難しい。

優秀な人材は大手企業も含め、多くの会社からの引く手あまたですから、彼らを説得して入社させるのは並大抵のことではありません。

そこで役に立つのがマスコミ露出の実績です。

設立から数年で小規模な会社でも、マスコミから注目されている会社となれば人材採用はずっとやりやすくなります。

会社説明会や面接で自社の説明をする際の資料として、自社制作の会社紹介資料の他に、テレビで社長がインタビューを受けた時の映像や、会社の事業内容が紹介された新聞や雑誌の記事を使ってみてください。

面接を受けに来た応募者の反応が全く変わります。

3、自社ホームページにマスコミ取材実績を掲載する

みなさんが、新規の会社との取引を検討するとき、必ず相手の会社のホームページを見ると思います。

その時、「マスコミ掲載実績」として、過去にその会社が取り上げられた新聞や雑誌の記事一覧がホームページで紹介されていたらどうでしょう。

たとえ今まで名前も知らなかったような会社でも、何となくしっかりとした会社だと思ってしまうのではないでしょうか。
これを活用しない手はありません。

また、マスコミ掲載実績を自社ホームページで公開することで、「他のメディアから取材が入りやすくなる」という効果もあります。

記者や編集者が取材先を検討する際にも、必ずその会社のホームページを参考にします。
そのときに、過去に他のメディアの取材実績があるというのは実は大きなプラスポイントになるのです。
理由はふたつ。

  • 取材実績があるということは、その会社に一定のニュースバリューがあり、少なくとも危ない会社(暴力団のフロント企業など)ではないことの証拠だから。
  • 取材を申し込んだ際に、取材を受けてくれる可能性が高いと思われるから。

逆に、一度もマスコミから取材を受けたことが全く無い企業というのは、記者や編集者が取材するのを敬遠することが多いです。

以上、いかがでしょうか。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。