PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

記者や編集者と一瞬で仲良くなれる「魔法のひとこと」を知っていますか?

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

大企業のように、プレスリリースを送って取材依頼を待つだけの
「受け身の広報」では、中小ベンチャー企業の広報PRは成功しません。

過去の報道を分析した上で、自社に興味をもってくれそうな媒体を見つけ出し、その媒体の記者や編集者にこちらから積極的にコンタクトする必要があります。

私も仕事柄、全く面識のない記者や編集者に電話することが多々あります。
営業でいうところのコールドコール、テレアポです。
もう十年以上この仕事をしているのですが、いまだにこの手の電話はドキドキします。

当社のクライアントさんの中にも、
「面識のないマスコミの人に、いきなり電話をして大丈夫ですか」
「相手を不愉快にしたり、怒らせたりするのではないか」
と心配される方もいます。

そんな内気で心優しい皆さまに、初対面の記者や編集者と一瞬で仲良くなれる「魔法のひとこと」を伝授しましょう。

それは、このフレーズです。
「○○○○さん(媒体名・番組名)をいつも楽しく拝見しています」

ここで皆さまに質問。
記者、編集者、ディレクターなど、マスコミの中でも制作に関わるひとたちにとってのお客様とは誰でしょうか。

それは、新聞や雑誌を読んでくれる読者であり、番組を見てくれる視聴者です。
※厳密にいうとテレビの場合には、視聴者ではなく、CMスポンサーが真のお客様なのですが、そのあたりの話は割愛します。

「あなたの作った新聞・雑誌・番組を、私はいつもみています。」というのはイコール、
「私はあなたのお客様ですよ。」という意味なわけです。

私も雑誌の編集者をしていたのでわかりますが、制作にたずさわる人間はこのひとことにとても弱い。
広報やPR会社の人からでも、こう言われると、ついガードが下がります。

ちなみに最悪なのは、この逆のパターンです。

私が以前、雑誌の編集をしていたとき、企業の広報担当者やPR会社の人から、編集部によく電話がかかってきました。

中には、どう考えても私の作っている雑誌向きではない情報(プレスリリース)をゴリ押ししてくる人が少なからずいます。

そんな時、私はよくこんな質問を相手にしました。
「失礼ですが、そちら様は○○○○(私が制作している雑誌名)を読まれたことありますか?」

そうすると、何と驚くべきことに、10人中8人くらいは、
「すみません、まだ読んだことがないんです・・・」
とお答えになるんです。(私の担当していた雑誌がマイナーな媒体からというのもありますが)

皆さん、どう思われますか?ありえないでしょう?
相手の媒体を読みもせずに、取材や記事掲載のお願いを電話でしてくるなんて!
でも残念ながら、これが現実です。

だからこそ、
「○○○○さん(媒体名・番組名)をいつも楽しく拝見しています」
のフレーズが効くわけです。

もちろん当然ながら、面識のない記者や編集者に初めて電話するときや、初対面で会うときには、必ず、実施にその媒体に目を通してくださいね。
できれば購入することが望ましいですが、少なくとも立ち読みはしましょう。

私は広報PRにたずさわる人間として、媒体の方に取材や記事掲載をお願いする上で、これは最低限のマナーであり、誠意だと思います。

ぜひ、きちんと事前に媒体に目を通した上で、この「魔法のひとこと」を使ってみてください。
皆さんが思う以上の効果を発揮するはずです。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。