PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

「良いプレスリリース」と「悪いプレスリリース」の見分け方。

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

私のコンサル先の広報担当者からこんな質問を受けたことがあります

私はまだ広報経験が浅いので、プレスリリースを書くときには、
ネットで競合他社のリリースを探して、それを参考にしています。
そのときに注意することなどあれば教えてください。

まず、広報PRの初心者の場合、ネットで他社のプレスリリースを探して、それをもとに書いてみるというのは、とても良い方法です。

もちろん、内容はオリジナルで書く必要がありますが、全体の構成、文体、文字量、切り口、社会背景など、参考にできる要素は多々あります。

ここで注意が必要なのは、ネット上にあるプレスリリースは玉石混淆で、必ずしも良質なものばかりではないということです。
むしろダメダメなプレスリリースも多数、ネットにアップされています。

そこで、重要なのが、良いプレスリリースと悪いプレスリリースをどうやって見分けるかということです。
不出来なプレスリリースをまねして書いても、全く意味がありませんからね。

過去にたくさんのプレスリリースを書いているベテランの広報マンや日頃多くのリリースを読んでいるマスコミの方なら、リリースを見ればそのクオリティーが判断できますが、広報の初心者にはなかなか難しいでしょう。

でも実は、だれでもプレスリリースの善し悪しを簡単に見分ける方法があります。

それは、
そのプレスリリースの内容が、実際に報道されたか(記事や番組になったか)を調べるというやり方です。

そもそも、プレスリリースは何のために作るのでしょうか。
それは、マスコミに情報を伝えて、報道してもらうことが目的ですよね。

であるならば、いくら見た目が良くて、上手な文章で書かれたリリースでもそれが報道につながらなければ、良いリリースとは言えません。

逆に報道につながったプレスリリースというのは、そのネタの選び方や、切り口の設定、タイトルやリードの書き方など、何かマスコミの目にとまる要素があったということです。
これを参考にしない手はありません。

あるプレスリリースの内容が報道されたかどうかはインターネットを使えば簡単に調べることができます。

調べて頂くとわかりますが、ネット上にアップされているプレスリリースの多くは、全く報道につながっていません。

そういった意味では、世の中にあるプレスリリースの大半は
「悪いプレスリリース」だということですね。

勉強のために他社のプレスリリースを研究するなら、報道につながった実績のある、良いリリースを参考にしたいですね。
そこに必ず成功のヒントがあるはずです。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。