PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

PRコンサルが書いた本ではなく、記者やTVディレクターが書いた本を読もう

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

社員数20名程度のベンチャー企業の社員の方からこんな相談を受けたことがあります。

「先日、社長から突然広報担当者に指名されました。全くの素人なので、まずは本を読んで基礎的な知識を身につけたいのですが、どんな本を読めばいいでしょうか」
こんなときはまず最初に、「広報・PRの基本」「広報担当者の実務」といった、ベーシックな内容の本を1,2冊読むといいでしょう。

ただ、注意しなければいけないのは、世の中にある広報関連の書籍は、大企業の広報に関する内容が多いということ。
中小ベンチャー企業の広報をする上では、すぐに役に立つことは少ない、ということです。

それに、こういった本は書いてある内容はどれも似たり寄ったりなので、あまりたくさん読んでも意味がありません。

次に読んで欲しいのは、中小ベンチャー企業の広報について書かれた本です。
この手の本は、著者の得意分野によって内容がかなり異なる上に、そもそも数が少ないですから、見つけたら全て読むくらいの感じでいいと思います。

その他おすすめなのは、大企業、中小企業問わず、広報PRの成功事例が書かれた本です。
企業の広報担当者は自社の成功体験を外部に発表することは原則なく、PR会社はクライアントと守秘義務契約を結んでいるため、成功事例やその具体的ノウハウが表に出ることはあまりありません。
それだけに、広報PRの成功事例が書かれた本は貴重です。
これも数は少ないながら、探せばかならずあります。

さて、ここで重要な指摘をひとつ。

広報PRを学ぶ上で、企業のベテラン広報マンやPR会社の社長、PRコンサルタントなど(私も含めて)広報PRのプロが書いた本を読むだけでは不十分です。

広報PRの仕事というのは、マスコミの人の考え方や具体的行動をどれだけ知っているかが正否を分けます。
つまり、広報をする側の視点だけでなく、いかにマスコミ側の視点を持てるかが重要なのです。

だから、マスコミの人(記者、編集者、ディレクター)が書いた本をたくさん読みましょう。

自分がマスコミで働く、もしくはマスコミの人と直接話をする以外に、マスコミについて知るにはこれしかありません。

私は好んで「マスコミの中の人」が書いた本を良く読むのですが、読んだ中で面白かったのはこちらの2冊です。

・報道記者のための取材基礎ハンドブック(朝日新聞社)/著者:西村隆次
・TVディレクターの演出術: 物事の魅力を引き出す方法 (ちくま新書)/著者:高橋弘樹

新聞記者が原稿を書く上で大切にしていることは何か、テレビのディレクターが何を基準に取材するかしないかを決めているか、といった話がとても具体的に書かれています。

これらの本は、広報担当者向けに書かれたものではありません。
でも、だからこそ、参考になるんですね。

皆さんも、もし広報PRについて書籍から学ぶなら、PRコンサルが書いた本ではなく、
記者や編集者、TVディレクターが書いた本を読むことをおすすめします。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。