マスコミからみて、あなたは「特別な広報パーソン」になっていますか?

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

某大手ビジネス誌の副編集長から、
「ちょっと困っていまして。助けてください!」
という相談をうけました。

編集部でとあるアンケートを実施しているが、回答してくれる人が思うように集まらず、苦戦しているとのこと。

早速、私の知り合い何名かに声をかけて、アンケート協力者を集めました。
その副編集長からとても感謝されたことは言うまでもありません。

私のところには、マスコミ関係者の方から同じようなご相談(お願いごと?)が多く寄せられます。

  • こんな取材先知りませんか?今週中に取材したいのですが!
  • 読者プレゼントに協力してくれる企業を紹介してください
  • 顔出しでテレビのインタビューに答えてくれる知り合いの方いませんか

自分にとって直接的なメリットがない場合もあるのですが、時間の許す限り、出来るだけ協力するようにしています。

広報パーソンにとって、こういった形でマスコミの人に貸しを作っておくことはとても大切です。

そうすれば、自社を取材してください、というお願いがしやすくなることは間違いありません。

私の知人で、ある特定の分野で個人的に深い知見と人脈を持っている広報マンがいます。

彼は某WEB媒体に対して、企画づくりに協力したり取材先を紹介する代わりに、自社の商品やサービスを優先的に取り上げてもらえる「自分の枠」をそのWEB媒体に持っているとか。

ここまでいくと強いですね。

マスコミと広報は持ちつ持たれつであり、ギブアンドテイクの関係でもあります。

「うちの会社を取材してください!」という一方的なお願いばかりでは、マスコミの人と中長期的に良い関係をつくるのは難しいです。

記者や編集者、テレビのディレクターなど、マスコミの人と会う機会があったら、
「今、どんな情報を探しているのですか?何か困っていることはありませんか?」
と聞いてみるようにしてください。

また、ご自身で「これだけは誰にも負けない」というものがあるなら、マスコミの人に
「このテーマならお力になれるので、いつでも声をかけてください」
とアピールしておくのもいいでしょう。

マスコミの方から相談を受けるようになったらしめたもの。

それはあなたが、その人にとって、その他大勢ではなく「特別な広報パーソン」になったということですから。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。