自社のPRネタで、“流行”や“トレンド感”を演出するには

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

自社の商品やサービスの広報PRを行う上で、流行やトレンド感を演出することはとても大切です。

新聞記者の世界ではこんな言葉があります。

同じ現象が2回あれば「傾向」、3回なら「流行」、4回以上なら、もう「社会現象」。

今回はこれを逆手にとって、広報活動を成功させる方法をご紹介しましょう。

私が以前、海外留学の会社で広報担当をしていた時の話です。

定年退職したシニア向けの留学プログラムをPRすることになりました。

すでに競合他社も同様のサービスを出しており、それ自体はそれほどニュース性の高いものではありません。
プレスリリースを一斉配信しても、一切反応なし。

さて、ここからが広報パーソンとしての腕の見せ所です。

「定年退職後のシニアの時間の使い方」
というひとつのテーマを設定し、他社のプレスリリースや情報も一緒にマスコミに持ち込むことにしました。
(内容はシニアがゲームセンターに集まっている、定年退職後のユニークなアルバイトetc、etc)

「シニア留学」という単独の情報では記事になりづらいですが、
「定年退職後のシニアの間で、今、流行っていること」
であれば、ニュースです。

また、「シニア留学の商品」ではがんばっても小さな記事にしかなりませんが、「シニアの動向・最新トレンド」であれば、露出できる媒体の幅も広がるだけでなく、より大きな記事として露出できる可能性が出てきます。

結果、おかげさまで、このシニア向けの留学プログラムは当時多くのマスコミに取り上げて頂くことができました。

ここでのポイントは、

  • 「マスコミが取り上げたい話題・テーマ」(トレンド・流行・社会性)
  • 「自社が発信したい情報」(商品・サービス)

の両方を満たすPRテーマをいかに設定するかです。

単独のPRネタによるストレートニュースには限界があります。

どうしたらそのPRネタに物語性を与えられるか、を常に考えましょう。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。