PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

初心者でも「マスコミに取材されるプレスリリース」が書ける裏ワザ

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

プレスリリースを書くのって、けっこう大変です。

私は仕事柄、毎月たくさんのプレスリリースを書きますが、リリースのネタはひとつひとつ違いますし、絶対的な正解というのはないですから、毎回頭を悩ませます。

    • マスコミに対して、どんなポイントを訴求すべきか?
    • どんなタイトルがいいだろう?
    • 全体の構成はどうしよう
    • まず書き出しは?
    • どの要素を入れて、どの要素を省くべきか
    • どんな社会背景をいれるべきか
    • 全体の分量はどれくらいが適切か

プロの私でも、マスコミ取材される確率の高いリリースを作るのは大変ですから、リリースをあまり書いたことがない方、あるいは初めてリリースを書く方はなおさらでしょう。

本屋さんにいけば「プレスリリースの書き方」に関する本はたくさん出ていますが、本を一冊読んで理解するにはそれなりの時間がかかります。

でも実は、わりと簡単に、手間をかけず、一定以上の品質のプレスリリースを短時間で作成する方法があります。プレスリリース作成の初心者の方にはとくにおすすめです。

それは・・・「誰か他の人が書いたプレスリリースをまねして書く」

例えばあなたが、新たにオープンするクレープ屋さんのプレスリリースを書くとします。

まず、インターネットで「プレスリリース クレープ 新規オープン」と検索してみてください。
おそらく過去に配信された、クレープ屋さんのプレスリリースがたくさん出てきます。その中から良さそうなものを3つを選んで読み比べてみてください。これらが一種のお手本、サンプルになります。
それらをみれば「クレープ屋さん新規開店」のプレスリリースにはどんな要素を入れればいいか、書き出しはどんな感じか、訴求ポイントはどこかなど、おおよそつかめるはずです。

さらに、それらのリリースに出てくるお店が、実際に新聞・雑誌・テレビでどれくらい取り上げられたかを調べます。(こちらのコラムで詳細をご説明した「報道分析」ですね)
結果的にたくさんのマスコミに取り上げられているプレスリリースがより品質の高い=模範解答ですので、あとはそのプレスリリースを雛形にしながら、自社にあてはめてリリースを書けばOKです。

うまい人を見てまねるというのは、スポーツと同じですね。

プレスリリースはゼロから作るのは非常に大変で、手間と時間がかかりますが、雛形があれば以外と簡単にかけるものです。他人のリリースをまねして何度かリリースを書いているうちに、自然と達しますよ。

結論。

プレスリリースの初心者は、正解のリリースを探して、それを真似すれば間違いない。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。