プレスリリースを見てもらえるのは、たった2~3秒?!

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

21世紀最高の哲人と呼ばれ「マネージメント」の概念を生み出した経営コンサルタント、ピーター・ドラッカーも、
「あなたは何と覚えられたいか?」
を問いながら経営することが一番大事だと言っています。

これはまさに「ブランディング」です。

私は、中小ベンチャー企業専門のPR会社を経営していますが、社名は「株式会社ベンチャー広報」。
まさに自社を『ひとこと』で表現しています。

自社の商品・サービスを『ひとこと』で表現できると、マスコミ広報を行う上で多くのメリットがあります。

ひとつは、プレスリリースです。

私は以前、雑誌の編集者をしていたので、実体験としてわかりますが、マスコミ関係者がプレスリリースに目を通す時間は非常に短く、1枚あたりせいぜい2~3秒というところでしょう。

リリースのタイトルと、いわゆる”リード”と呼ばれる説明文2~3行を読んで、その話題のニュース性を判断します。

そこで内容に興味を持てば、その先に書いてある内容を読みますが、そこまでいくのは、リリース100件のうち、1,2件です。
その他のリリースは、2~3秒見て即ゴミ箱行き。

リリースでは、自社の商品・サービスを200文字程度で魅力的に表現できなければ”負け”です。

とびこみで電話をして、マスコミ関係者にプレスリリースの説明をしたり、取材依頼をするときも全く同じ。

自社の商品・サービスについて電話で長々と説明する広報マンがよくいますが、これは絶対NG。
相手に嫌われるだけです。

「面白い情報があるので、今、1分だけ時間もらえませんか?」
と前置きして、その時間内で相手に興味を持たせる。

スタートアップ界隈やベンチャー業界でいうところの、いわゆる
「エレベーターピッチ」
というやつですね。

  • 自社の商品やサービスを『ひとこと』で表現する
  • プレスリリースでは、200文字でニュース性を伝える
  • 電話では、1分で相手に興味を持たせる

ぜひ実践してみてください。
マスコミに取材される確率が格段にあがります。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。