PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRセミナー 7/18(火)についてはこちら


中小ベンチャー企業のためのPR会社 ベンチャー広報

広報PRに関するブログやコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人

マスコミ関係者から生の意見を聞き、アドバイスを受けるには?

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

以前、ニュース番組の企画担当者に面会して、あるインターネット系の新サービスについて情報提供をしていた際に、興味深いことがありましたのでご紹介します。

そのニュース番組は夕方放送で、視聴者は基本的に主婦ですから、当然、持ち込む情報も主婦が興味を持ちそうな切り口・視点で資料を作ります。
またテレビの場合、紙媒体と異なりどう映像で表現するかが重要なので、
「取材してもらえれば、こんな面白い画(=映像)が撮れますよ」
という素材もいくつか事前に用意しました。
さらにそのニュース番組の過去1ヵ月分の放送を全て視聴し、番組内でどんな企画が取り上げられやすいかも分析済みです。

これらの準備は私に言わせれば当たり前のことですが、実はここまできちんと準備をしてマスコミ訪問する広報マンは少数派です。

事前準備をしてきたかどうかは、番組関係者と話をすれば、良くも悪くも全て相手に伝わります。
そして、事前準備を怠れば「この人は真剣に仕事をしてないな」と見透かされて、番組関係者から軽くあしらわれます。

逆にこちらの熱意が伝われば、普通はなかなか聞けないような、われわれにとって重要な情報を、番組関係者から教えてもらえることもあるのです。

例えば、今回はこんな話を聞くことができました。

  • 主婦の中でも40代、50代、60代をターゲットにしているので、その人たち向けの情報が欲しい。同じ主婦でも若い人向けの情報はいらない
  • 番組の制作予算が少ないので、地方へ取材にいけない。関東近県で取材できるネタが欲しい
  • インターネットやパソコンに関する話題は会議で企画が通りずらい。(でもやり方はある)
  • 特集の場合、単にサービス内容の紹介とかではなく、人にフォーカスできる企画だと、その人のバックボーンや背景まで取材できるので尺(=放送時間)も稼げて番組が作りやすい
  • どんなテーマを放送するかは、番組内の班会議が不定期にあり、そこで通ったものが毎週水曜日のテレビ局の特集会議にかけられて決定する

これらの他に、同じ時間帯に放送している他局のニュース番組とで、取り上げる話題がどのように異なるかなど、貴重なお話が多々ありました。

今回は残念ながらすぐの取材にはならなかったのですが、番組側がどんな取材ニーズをもっており、どんなネタや企画なら会議が通りやすいかもわかりましたので、次回、同番組にアプローチする際の成功率は高まるでしょう。

広報PRの成功への近道は
「マスコミ関係者の生の意見を聞き、アドバイスを受ける」
これに尽きると思います。

自分はマスコミに知り合いがいないからそんなの無理だよと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

今回例としてご紹介した事例も、お話を伺ったのは、飛び込みでアポをとってその日に初めてお会いした方です。

重要なことは、アプローチする番組についてしっかりと調べ、事前準備をしてから訪問することです。
「あなたの作っている番組にお役に立つ情報を提供したい」
その想いが相手に伝われば、きっと番組関係者もあなたの味方になってくれますよ。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。