記者・編集者に飛び込みで訪問アポイントを取るコツ

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

中小ベンチャー企業の場合、
プレスリリースをFAXやメールでマスコミに送り、ただ待っているだけでは、ほとんど取材になることはありません。

本気で自社の情報をマスコミに取り上げて欲しいなら、マスコミの人に会って、プレスリリースの内容を説明し、直接取材をお願いするべきでしょう。そんなお話をすると、こんな風によく言われます。

「そもそもマスコミに知り合いがいないし…」

それは当たり前です。新規で開拓しましょう。

「記者、編集者の連絡先がわからないんです」

マスコミの連絡先を調べるツールは色々ありますからそれを活用しましょう。

「マスコミの人は忙しいからアポイントなんてとれないのでは?」

実はそんなことはありません。

マスコミの人にアポイントを取るコツはただひとつ。電話する相手が作っている媒体を良く読むことです。

私は、ビジネス誌の編集をしていたことがあります。編集部には毎日、企業広報の方やPR会社の方から頻繁に電話がかかってきます。

「うちの会社の商品・サービスを取材して欲しい」
「プレスリリースの内容を説明したいので会って欲しい」

という売り込みの電話です。

編集者としては常に新しい情報にアンテナをはっていますから、校了前など超多忙な時期以外は、一応、話を聞くスタンスは持っています。

しかし、
話を聞いてみると、その内容はどう考えても私の作っている雑誌では扱えない話題だったりするのです。

そんな時にはこうたずねます。
「失礼ですが、うちの雑誌を読んだことありますか?」

その答えは、
「いや… すみません。読んだことないです…」

読んだこともない雑誌に売り込みの電話はしないでください。でもこういうダメ広報マンはけっこう普通にいます。上司に言われて、マスコミリストの上から順番にテレアポしているのでしょうね。

一方でこんな風に電話してくる優秀な広報マンもいます。
「私、○○○○の広報を担当している△△△△と申します。いつも××××(媒体名)をいつも読ませて頂いています」

解説:
編集者にとって読者はお客様ですから、「いつも読んでます」と言われると弱い。

「貴誌で過去に○○○○や△△△△の特集をされているのを読みまして。それに関連する情報なのですが、1分ほどお時間を頂けませんか」
「貴誌で連載されている××××のコーナーで取り上げて欲しい話題があるのですが。」

解説:
なぜ、その媒体に売り込みをしているのか、明確な理由と目的をもって具体的な提案をされると、編集者は聞く耳を持ちます。

取材して欲しい媒体が決まっているなら、まずはその媒体のバックナンバーをできれば1年分、全て読むことです。そして、その媒体の特集の傾向や連載コーナーの内容を把握した上で、それに合った形で具体的な売り込みや提案を媒体側にすべきです。

そうすれば、まったく新規の飛び込みで電話したとしても、話を聞いてくれ、けっこう高い確率で、訪問のアポイントがとれますよ。

野澤直人


 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

2019/4/22 広報PRセミナー
『TV制作者が思わず声をかけたくなる広報の仕掛け作り』

 
こんにちは。ベンチャー広報の長崎です。

広報担当者の方に質問します。
「テレビ番組から取材されたい」場合、どういったアクションを行っていますか?

 
広報の方は、
報道分析を行って、番組の絞り込みも行っているでしょう。

次のステップとして、
おそらく多くの方が、取り上げてほしい番組宛てに、プレスリリースや資料をFAX、郵送、メールで送るといったアクションをされていると思います。

しかし、ご存知でしょうか。

番組の内容を決定する会議ではあなたが送ったプレスリリースは、そのままテーブルに置いてあることはまずありません。

では、リリースはどこへ行ってしまったのでしょうか。

リリースを送った後、自社の情報がどのように扱われ、番組で取り上げられていくのか、この流れまでご存知の方はそう多くないと思います。

しかし、リリースなど会議のために集められた情報は、形を変えて会議に登場し、ネタが厳選され取材・放送されています。

では、
形が変わったリリースは、誰が・いつ・どのような資料を作って、会議に上がったのでしょうか。
そして、どのようにして取材することが決まったのか、ご存じでしょうか。

普段私達はなかなか知ることがありませんが、放送に至るまで沢山の人を通り過ぎ、日々テレビに映し出されているのです。

そして、その特性や流れを理解することは、
『TV制作者が思わず声をかけたくなる広報の仕掛け作り』にもつながり、取材される可能性が高まります。

そこで今回は、
このテレビの仕組みに非常に深く精通しているスペシャルゲストをお迎えしました。

今回のスペシャルゲストは、
現役放送作家・須平敦宣氏。

  • 「めざましテレビ」
  • 「みんなのニュース」
  • 「白熱ライブビビット」
  • 「徹子の部屋」
  • 「ありえへん∞世界」などを手がけ、

業界歴は20年以上、
過去担当した番組は700番組を超え、
情報番組からバラエティー番組まで幅広く担当されています。

テレビ業界の中心にいる放送作家の視点で、テレビの考え方・情報の集め方、プレスリリースの行方、企画はどのように決まっていくのか、思わず目を止めるプレスリリースはどんなものか、効果的なアプローチ方など、メディア側からみた取り上げたくなる広報PRについて、トークセッション形式でお届けします。
 

『TV制作者が思わず声をかけたくなる広報の仕掛け作り』

 〜 現役放送作家がTVの裏側、キーマンを教えます 〜

 
<セミナー概要>
日時: 2019年4月22日(月) 14:00~15:30(受付開始 13:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
   (東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員: 先着50名
料金: 8000円(税込)

※セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方(Kindle版含む)は3,000円割引となり、5,000円で参加できます。
※セミナー会場での書籍の販売はございませんので、事前にご購入をお願いいたします。
※参加費は、当日受付にて現金でお支払いいただきます。
※領収書の宛名は、お申し込み時にご記入いただいた名義とさせていただきます。

<スペシャルゲスト・プロフィール>
須平敦宣(すびらあつのり)放送作家

三重県出身。早稲田大学を卒業後、放送作家事務所「オフィスぼくら」に所属。情報番組、バラエティ−、ドキュメンタリーなどこれまで手がけたテレビ番組は700本を超える。
現在、多数の番組制作に携わる一方、25年以上に渡りテレビ界で培ってきた「人が面白がるものを生み出す」という放送作家ならではの発想術を活かした「おもしろコンサルティング」としての活動を開始。各種企業、飲食業、大学広報、イベント事業、地方行政など様々なプロジェクトで活躍している。

<ファシリテーター>
株式会社ベンチャー広報 長崎範子

PR業界歴11年。ベンチャー広報入社8年目。これまで調理器具、幼児教育、介護、ビジネススクール、防犯機器、インバウンドビジネス等、幅広く広報PRを担当。PRを学びたい企業に向けてコンサルティング業務も行う。スタートアップ〜中堅企業の、企業成長のための機動力となるスピード感のある広報PRを得意としている。これまで数多くのTV取材を獲得しており、短期間でも狙った結果を残す広報活動に定評がある。多くの企業の広報活動を支援している。

 
 

お申し込みフォーム

申込内容
会社名(必須)
フリガナ
参加者名(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
住所(必須)
領収書の宛名(必須)
文字を入力して下さい(必須)
captcha