PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRセミナー 7/18(火)についてはこちら


中小ベンチャー企業のためのPR会社 ベンチャー広報

広報PRに関するブログやコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人

プレスリリース配信から取材依頼のレスポンスを獲得するには?

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

(中小ベンチャー企業は)
プレスリリースを配信するだけでは取材につながらない。それよりも、マスコミ関係者と電話などで直接コンタクトすることが重要。というコラムを書いたことがありますが、プレスリリースの配信が全く無意味かというと、そんなことはありません。適切な方法でプレスリリース配信を行えば、それだけでも、マスコミから取材依頼のレスポンスを得ることは可能です。

※ここで言う「レスポンス」とは、リリース送付先の媒体から、電話やメールで取材依頼がくることを言います。

では、
プレスリリースを送っただけで得られるレスポンスは、どの程度を期待したらいいのでしょうか。

経験上、
その基準を「3%」くらいに設定しています。プレスリリースを30件送ったら1人、100件送ったら3人くらいの記者から「リリースを見たのですが」と言って、電話がかかってくる感じです。

逆に言うと、
これくらいの確率で記者からレスポンスがない場合には、プレスリリースの内容、配信先、配信方法などに何かしら問題があったと考えるべきだと思います。

「いやいや、リリースを送っただけで、そんなにレスポンスが来たことないよ」
という方も多いと思いますが、そうであれば、リリースの配信方法を一度見直すことをおすすめします。

3%のレスポンスがとれるプレスリリースの配信方法とは?

1. 配信方法はFAXが基本

これが実は最も重要なのですが、間違ったやり方をしている方が多いです。新聞、雑誌など紙媒体にはFAXでリリースを送りましょう。紙媒体にメールでリリースを送っても、ほとんどレスポンスは期待できません。

2. プレスリリースを送る媒体は100件以内に絞り込む

過去の報道実績などから、リリースの話題を取材してくれそうな媒体を選び出し、配信先媒体を30~100媒体に絞り込んで、そこだけに限定してリリースを送ります。30件くらいでしたら、システムを使わずに1件づつ手作業で送りましょう。無論、数百件の宛先に対して無差別にリリースをばらまいても意味はありません。

3. 「媒体名御中」ではなく、記者の分野、特定のコーナー、できれば記者名を明記する

送付状をつける必要はありませんが、プレスリリース1枚目の左上に送付先を明記しましょう。ただし「日本経済新聞社 御中」のような宛先を書いてもあまり意味はないです。例えば、IT系のサービスに関するプレスリリースであれば、「日本経済新聞 ネットサービスご担当者様」と書きます。さらに、記者の名前と部署まで調べて、「日本経済新聞 産業部 ○○○○(記者の名前)様」と書くのがベストです。

配信方法以外に重要なポイントは、当然ながらプレスリリースの内容です。プレスリリースの内容にニュース性があり、適切な書き方がされている必要がありますが、
私はプレスリリースに絶対的な正解はないと思っています。強いていえば、「取材依頼のレスポンスがあったリリースが(結果論として)正しいリリースだった」ということでしょうか。

何が正解かわからないプレスリリース内容を一生懸命改善するより、リリースの配信方法を最適化する方が、より成果を出しやすいと思います。

プレスリリースの内容がそこそこでも、配信方法を適切にするだけで、レスポンス率はかなり変わるので、「リリースを送っても取材依頼がこないなー」と悩んでいる方は、一度試してみてください。

執筆者
nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。