STEP1 : 報道分析【広報PRの5ステップ】

ベンチャー企業・スタートアップのためのPR会社 ベンチャー広報の野澤です。

『広報PRの5ステップ』のSTEP1=『報道分析』についてご紹介いたします。

自社に興味関心があるマスコミ関係者を探し出す

 
効果的な広報活動を行う上で重要なことは、

『誰に情報を伝えるか』

ということです。

マスコミ関係者であれば誰でもいいかというと、それは違います。

例えば、
金融を担当している記者に、化粧品の新製品情報を提供しても、全く興味を持たないでしょう。例えばあなたがIT企業の広報担当者なら、その分野を担当しているマスコミ関係者をまず探すところから始めるべきです。

海外留学会社の広報をしていた時の面白いエピソードをご紹介いたします。

その会社は、
新サービスを開発したため、販売を開始することになりました。

広報担当の私に課せられたミッションは、

『この新サービスを日本経済新聞に報道してもらうこと』

でした。

駆け出し広報マンだった私は、
広報のノウハウ本を読んで見よう見まねでプレスリリースを書き、日本経済新聞社の編集局にFAXで送ってみましたが、

全く反応なし。

どうしたら取材が取れるか真剣に考えた結果、

当時の私は一つの仮説にたどりつきまました。

「もし、日経新聞の編集部に海外留学担当の記者がいれば、今回の新商品に必ず興味を持ってもらえるはずだ。」

新聞社には多数の記者がいますが、それぞれ何らかの担当分野を持ち、そこを中心に取材活動を行なっています。

ただ問題は、
どうやって海外留学担当の記者を探すかです。

当然ながら、
どの記者が何の分野を担当しているかなんて、世の中どこにも公開されていません。

そこで私は、
過去の日経新聞を1年分、すみからすみまで目を通しました。

すると、
海外留学の記事がいくつか掲載されているではありませんか。

もちろん自社の記事ではなく、
競合他社や業界動向などに関する記事です。

その中には署名記事(注:記事の最後にそれを書いた記者の名前が記載されている記事)もあります。

これらを集めて分析すると、
非常に面白いことがわかりました。

なんと、
海外留学について記事を書いている記者は、

全て同じ名前の記者だったのです!

この人が海外留学担当の記者に違いないと私は確信し、その記者宛に恐る恐る電話をかけてみました。

その時のやり取りはこんな感じです。


私:
「A(※フルネーム)記者、いらっしゃいますでしょうか。」

記者A:
「はい。私がAですが。どのようなご用件ですか?」

私:
「実はAさんが以前書かれた海外留学の記事を拝見して、お電話しました。」

記者A:
「私の書いた記事を読んで頂いたのですね。ありがとうございます。」

私:
「実は私、海外留学の会社で広報をしているものなのですが、この度、新しいサービスを開始する予定でして。もし、Aさんにご興味頂けるようでしたら、情報提供したいのです。」

記者A:
「なるほど。私の担当は学習塾なのですが、海外留学も私の取材の守備範囲です。その新サービス、どんな内容か簡単に教えてもらえますか。」


このように話が進み、その後取材が成立。

数日後、
日経新聞本誌朝刊にその新サービスの記事が大きく掲載されました。

『海外留学の話題は、海外留学を担当している記者に情報を提供すれば、取材になりやすい。』

聞けば当たり前のことですが、
これを意識して広報活動を行なっているPRマンは実は多くありません。

まずは、
過去のマスコミ報道を調査分析して、皆さんの会社や商品サービスに興味を持ってくれそうなマスコミ関係者をリストアップすることから始めましょう。

野澤直人


 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

6/21『逆襲の広報PR術』増刷記念・広報PRセミナー

 
こんにちは。ベンチャー広報の野澤です。

拙著『【小さな会社】逆襲の広報PR術』の増刷を記念して、
朝日新聞・斉藤泰生氏、プロトスター株式会社 COO・山口豪志氏をゲストに迎えトークイベントを開催します。

朝日新聞の記者とデスク、AERA記者と豊富な取材経験をもつ斉藤氏からはマスコミの立場から、ランサーズの広報として活躍後、現在、多くのスタートアップ支援に関わる山口氏からは事業戦略の視点から、「ベンチャー企業・スタートアップの広報」について大いに語って頂きます。

美味しいランチとコーヒーをご提供しますので、リラックスした雰囲気の中でお楽しみください。

なお、野澤の著書、山口氏の著書をお持ちの方は割引で参加可能です。

<トークイベントの内容(予定)>

  • マスコミが取材したくなるプレスリリースとは
  • 中小ベンチャー企業が朝日新聞やAERAから取材されるのに必要なこと
  • マスコミから見た「こんな広報担当者は嫌だ!」
  • 朝日新聞の記者とデスクの仕事内容のちがいは?
  • 朝日新聞とAERA(雑誌)の編集体制を比較する
  • ランサーズがなぜ広報で大成功できたのか
  • スタートアップが広報活動に取り組む意味とその効果
  • 広報を事業戦略に直結させる方法
  • 広報未経験の人材を短期間で一人前の広報パーソンにするには
  • ゼロから広報部門立ち上げる時のポイント

<セミナー概要>
日時:2018年6月21日(木)12:00~13:30(受付開始 11:30)
会場:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID(東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員:先着50名
費用:8,000円(税込)※ランチ・コーヒー付き

  • 参加費用は、セミナー当日、受付にて現金でお支払いいただきます。
  • 領収書の宛名は、お申込時にご指定いただきます。変更がある場合は、当日受付にて承ります。
  • 野澤の著書(『【小さな会社】逆襲の広報PR術』)をご持参頂くと3,000円割引
  • 山口氏の著書(『0 to 100 会社を育てる戦略地図』)をご持参頂くと3,000円割引
  • 双方の書籍をご持参頂くと6,000円割引

<スペシャルゲスト>
朝日新聞社 企画事業本部 事業開発部長 斉藤泰生氏
1990年、朝日新聞社入社。長崎、静岡勤務を経て東京本社編集局に配属。厚生労働省で労働分野を担当したほか、消費者問題や家族、教育などをテーマに長く生活部記者を務める。週刊誌「AERA」では事件、経済、風俗など執筆、表紙も担当する。生活部デスクとして東日本大震災の報道に携わった後、事業部門に移り、総合通販「朝日新聞SHOP」を立ち上げるなど、新規事業開発に取り組んでいる。

プロトスター株式会社 代表取締役COO 山口豪志氏
茨城大学 理学部卒。2006年からクックパッド株式会社にて、広告事業・マーケティング事業の創成期より参加、2009年の同社IPOにトップセールスとして貢献。2012年より3人目の社員としてランサーズ株式会社に参画し、ビジネス開発部部長として大手企業との事業提携・協業、広告企画の販売開始などを実行。その後、社長室広報チームリーダーにて、クラウドソーシング業界の普及啓蒙活動に尽力。2015年5月に株式会社54を創業。常時約30社のスタートアップ企業のアドバイザーとして事業戦略策定、BtoBアライアンス支援、広報部門立ち上げ等のコンサルティングを行う。2017年7月よりプロトスター社へ参画。著書『0 to 100 会社を育てる戦略地図』(ポプラ社)

<モデレーター>
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
 

20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。

お申し込みフォーム

申込内容
会社名(必須)
フリガナ
参加者名(必須)
フリガナ
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
住所(必須)
領収書の宛名(必須)
文字を入力して下さい(必須)
captcha