数億円の融資や資金調達をアシスト?認知獲得だけではない、PRの二次的効果

日経に記事が出た翌日、断られ続けていた融資が決定

とある創業3年目のBtoB専門商社では次の成長に向け、メーカー仕入商品よりも利益率の高いPB(プライベートブランド)商品の展開を検討していました。そのためには研究開発や業務委託にどうしてもまとまった資金が必要でしたが、何度銀行に融資を依頼しても断られ続けていたそうです。
そんなある日、インターネットでその企業を知ったという日経の記者から取材依頼がありました。社長は何の気なしに取材を受けて、数日後には日経本紙に起業の経緯や、商品の説明が載りました。
するとまさにその翌日、銀行の担当者から電話がかかってきて、「新聞見ましたよ。お話を進めましょう」とあっけなく融資が決まったそうです。
「私が何度直接出向いて熱心に説明しても、けんもほろろだったのに。私よりも、会ったこともない記者を信用するんですね!新聞の力はすごいなぁ」とその社長は苦笑していました。

数十のマスコミで取り上げられた数日後、VCから数億円を調達

例をもうひとつ。
あるITベンチャーは新商品を発売するにあたって、マスコミを一度に集めることができる記者発表会を初開催しました。
創業以来特にPRには力を入れるということはせず、自然にしていて年に数記事が出るか出ないかという状態でしたが、知人のベンチャー企業が続々とPRに力を入れていく中で社長が触発されて、思い切って紹介されたPR会社に頼ることにしたそうです。
果たして商品がユニークだったこともあり、記者発表会には数十の記者が出席し、さらに結果的にはその倍近くのマスコミで記事が出ました。
そしてこちらもやはりその数日後、VC(ベンチャーキャピタル)から数億円規模の資金調達が決まったそうです。

本人からではなく、第三者から伝えられると「すごさ」は信じられやすい

もちろん新聞記事やTV番組でのオンエアが融資や資金調達を保証するわけではありません。ですが、上記のようなナイスアシストをしたという例はけっこう耳にします。
初対面で「自分はすごい人間なんです!!」と自分から鼻息荒くアピールしてくる人を、本気ですごいと思う人はいないでしょう。

権威ある第三者(=マスコミ)のお墨付きで、成長にアクセルをかけよう

ここを読まれている方の中には、成長にドライブをかけたいベンチャー企業の経営層で、銀行などからの融資、他企業やVCなどからの出資を検討していたり、すでにそこに向けて動いている方もいらっしゃると思います。
そんな中で権威ある第三者からのお墨付きがあれば、自社をアピール際の大きな武器となってくれることでしょう。
そして権威ある第三者にふさわしい存在として、マスコミ以上のものはありません。
SNSで誰もが自由に意見を発信できる今でも、むしろ今だからこそ、情報発信が本職であるマスコミの記事やオンエアには、“自力”ではなしえない大きな力があるのではないでしょうか。

 

執筆者

nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。