PR会社の広報PR通信「ベンチャー広報スタイル」

広報PRに関するコラム、最新Newsを配信しております。
引き続き、PR会社ベンチャー広報を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人


「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

株式会社ベンチャー広報・代表の野澤直人が自身初となる書籍「逆襲の広報PR術」を出版いたしました。
中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者様、広報担当者にオススメの一冊です。

amazon にてご購入いただけます。

モノではなく習慣化させるPRで驚異的な売上を達成

PRで得られる本質的なものは、認知ではありません。こう書くと、「じゃあ一体、何のためにわざわざリソースやお金をかけてPRするんですか?売上が上がらないと意味がないでしょう」と思う方もいらっしゃると思います。ですがPRは仕掛けること、つまりブーム作りによって、場合によっては短期的な売上UPよりも、もっと幅広く長期的なリターンを生み出すのです。

ブームづくりで大成功した化粧品メーカー

数年連続で赤字が続いていたある化粧品メーカーは、社運を賭けて美容クリームを開発しました。キャッチーで優秀な化粧品がメディアで話題になっている中で、PRが重要な役割を担っていることをそのメーカーはとてもよく知っていました。美容クリームをフェイスマッサージによる小顔効果を高めるツールとしてPRしたのです。

商品ではなく、習慣をPRする

今でこそフェイスマッサージは小顔づくりの速攻方法としてポピュラーですが、当時はまだプロのメイクアップアーティストの間だけの常識でした。そこでメーカーはまず、「小顔づくりの速攻セルフケア決定版 = フェイスマッサージ」とPRし、マッサージ効果を極限まで高めるのがそのクリームというPR手法をとりました。さらに広告等も組み合わせ、商品開発と変わらない予算をPRに投下し、積極的に雑誌、TV、インターネットネットメディアにアプローチしました。

PRの効果は売上UPだけでなかった

果たして画期的なケアと素晴らしい商品は実際に効果的で多くの女性の心を捉え、クリームはその年を代表する大ヒットアイテムとなりました。その上、メーカーの狙い通りフェイスマッサージ自体が大ブームとなった上に、現在も化粧品に専用商品カテゴリーができるほどにその習慣が定着しました。メーカーがV字回復したどころの騒ぎではなかったことは、言うまでもありません。

単なる売上増を狙ったPRではなく習慣化させるPRが重要

美容クリームだけの商品PRだけをしていたら、おそらくここまでの大ヒットには繋がらなかったでしょう。ストレートに商品をPRしないので一見回り道にも思えますが、ターゲットが求める効果を作る習慣を先にPRしてブームを作ること、それが結局は商品を長続きするヒットへと導くのです。

 

執筆者

nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。