ベンチャー企業の広報活動に求められるスキルとスタンス

広報担当者によって、またはPRパートナーに力を借りて行われる企業の広報活動。もっとも主要なステークホルダーであるメディアはもちろん、社内だけでなくお客様にも協力をお願いしたり、経営陣とすり合わせを行ったりと向き合う人々は多岐にわたりますが、現実的にはどのようなスキルとスタンスが求められるのでしょうか。

仕事は大まかに企画・管理、資料作成、コミュニケーションに分けられる
一般的に広報活動は、企画(自社や自社商品が話題になるような見せ方を考え、さらにメディアごとに特性を理解した上で切り口を考える)と管理(PR計画の進行管理、イメージ管理)、資料作成(ニュースリリース、取材前後の補足資料、報告書)、そしてコミュニケーション(情報収集、取材誘致、取材対応)といったものに分けられます。

必要なスキルはとにかく行動力、次に企画力とスピード
そういった中で必要なスキルは、ずばり「行動力(積極性)」「企画力」「スピード」です。上記の仕事をたった1人でこなさないといけなかったり、すでに有名な企業に比べて取材誘致時に工夫が必要なことが多いベンチャー企業の広報活動において、受け身な人ではそもそも話になりません。行動力はすべての基礎と言えます。ただしむやみに行動しても意味がないので、企画力も重要です。必ずしも商品が毎回メディア受けするとも限らないため、どんなものでもメディアに取り上げられるように魅せる企画力など、引き出しの多さが求められます。そして、レスの早い広報は何よりメディアから好まれます。

オープンかつ、できる・できないをハッキリ言う誠実なスタンスが好まれる
オープンかつ誠実なスタンスも、スキルと同じくらい重要です。まずは、「答えられるものは何でも答えますよ」、という姿勢があればその人とコミュニケーションを取ろうという気持ちになります。そして大切なのが、誠実さ。とある新聞記者とTV番組のディレクターが口を揃えて言っていたことが、「できる、できないをはっきり言う広報やPR会社の人と仕事をしたい」でした。「例えば飲食店での打ち合わせシーンを撮影したい時、それが社内・飲食店どちらの確認中なのか、あるいは撮影不可なのか、とにかく正確なステイタスが知りたい」というコメントにはとても納得がいきます。

必須スキルとスタンスがあれば、自然とメディア人脈もついてくる
さらに次々と掲載やオンエアを決めてくる優秀な広報たちを見ていると、上記のスキルとスタンスに加え、上手くいかないことがあっても引きずらない前向きさと柔軟性、相手を不愉快にさせない情熱、相手が求めるものを瞬時に察知する力などを持ち合わせています。
広報担当者やPRパートナーの優秀さはコミュニケーション力、ひいてはどれほどメディア人脈があるかで計ることができると言われることもあるようです。(もっとも、PRパートナーに求められるメディア人脈の重要度は当然高くなります。)
ですが、上記のスキルとスタンスがあればコミュニケーション力はついてくるので、たとえ現時点でメディア人脈がゼロでも時間が経てば自然と増え、求める成果へと近づくことができるでしょう。

 

執筆者

nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。

-->