「記者」「デスク」「キャップ」の違いとは?

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

広報PRの仕事で新聞社の方にお会いすると様々な肩書きの方がいらっしゃいますよね。

例えば、
・「記者」
・「デスク」
・「キャップ」

これらは、
全て新聞社で報道にたずさわる方の役職・肩書きですが、それぞれ社内での役割や仕事の仕方が全く異なります。

その違いをきちんと理解していないと広報活動はうまくいきません。

今回は、
新聞社における肩書き別の役割についてまとめました。

記者

新聞社に広報活動をする上で、もっとも重視すべきなのが「記者」です。
新入社員から年配の方まで、年齢も幅広く人数も多い。

自分でネタを見つけて原稿を書くのが彼らの仕事です。

「記者」「デスク」「キャップ」の違いとは?

基本的に個人単独で行動し、日中は外で取材、夕方に帰社して夜までに原稿を書く、という行動パターンを繰り返します。

彼らの最大の特徴は、
いつ、何を取材するかを、上司に相談せず、彼ら個人の判断で決められること。

したがって、
取材をお願いするなら「記者に直接」というのが手っ取り早いです。

逆に、
取材をして原稿を書くまでの権限はありますが、その原稿を紙面に掲載するかどうかの権限は持っていないというのがポイントです。

デスク

記者の上司にあたるポジションです。
彼らは基本的に原稿を書きません。

記者からあがってきた原稿内容をチェックし、ニュースバリューを判断して、紙面に掲載するかどうか、どのくらいの大きさの記事にするかを決めるのが彼らの仕事です。

「記者」「デスク」「キャップ」の違いとは?

記者とは異なり、
彼らは外に出て取材することはあまりありません。

日中でも社内にいるので、
電話するとつかまりやすいですが、残念ながら彼らには取材するかどうかを決める権限はありません。

デスクに取材をお願いすると、
「僕の部下に取材を検討するように言っておきますね」と言われることが多いです。

その後、
記者から取材の依頼があることもあれば、ないこともあります。

そのあたりは、
提供したネタのニュースバリューやデスクと記者との力関係次第です。

キャップ

記者の中でリーダー的な役割を果たすベテラン記者のことをこう呼びます。

「記者」「デスク」「キャップ」の違いとは?

一般の記者に比べて、
人数は少なく、社内でも一目置かれる存在です。

スクープ取材など重要なミッションを任されることも多いです。

彼らは一般の記者と異なり、
配下に複数の記者を従えて、部下の教育をしながら、チームで取材活動を行うことがあります。

キャップ=実力のある記者であり、
彼らは上司であるデスクにも影響力を与えます。

本来、
原稿を紙面に掲載する権限は記者にはないのですが、「デスク、この原稿は面白いので、紙面で大きく掲載してください」とキャップが進言すると、それが通ったりします。

いかがでしょうか。

新聞社の方と名刺交換をする際には、ぜひ肩書きに注目してみてください。


 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

【経営者向け】広報PRセミナー 5月15日(火) 14:00~

 

 
こんにちは。PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

中小ベンチャー企業にとって、

『広報PR』は、
お金を掛けずにブランディングと販売促進を実現できる、非常に効果的な経営戦略です。

そして、
『マーケティング(集客ノウハウ)』は、ビジネスを成功させるための根源的ノウハウです。

そこで、
今回は、セミナーズ様と共催にて、
『広報PRセミナー』×『マーケティングセミナー』を開催することにいたしました。

まずは、『広報PRセミナー』についてご案内いたします。

【第1部】広報PRセミナー

 
こんな課題を抱えていませんか?

「広報活動に力を入れて、商品・サービスをもっともっとアピールしたい!」

広報PRの特徴は、

  • マスコミを使って無料で宣伝できる
  • テレビなどに出れば高い販促効果を得られる
  • 商品・サービス・会社の信頼性が上がる
  • 既存社員のロイヤリティ、モチベーションアップに繋がる
  • 優秀な社員が採用しやすくなる
  • 記事などを営業用ツールとして活用できる

など、会社の成長戦略にとって、様々なポジティブ・インパクトをもたらします。

一般的に行われている広報活動の欠点や、驚くほどの低コストで自社をPRするシンプルな方法など、中小ベンチャー企業が、マスコミに取材をされるための効果的な広報PR手法をお伝えいたします。

<講演概要>
・ マスコミを使って自社商品を無料で宣伝する方法とは
・ プレスリリースに頼らない、目からウロコのPR手法
・ 成功事例の紹介:社員数名の会社にテレビ取材が殺到した理由

講師

 
野澤直人
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
 
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。

広報PR 成功事例

 
本セミナーで紹介する広報PR手法によって、下記のような成功事例が挙がっています。
 
~ A社(調理器具製造/販売) ~
広報活動を開始後、約6ヶ月間で、日本テレビ「PON!」「スッキリ!!」、フジテレビ「めざましテレビ」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、テレビ朝日「スマステーション」「やじうまテレビ!」などで露出。初回生産分5,000個が完売し、入荷待ちの人気商品に!
 
~ B社(アプリ開発)~
サービス開始から5ヶ月間で、NHK「おはよう日本」、TBS「王様のブランチ」、産経新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、Itmediaニュースなど、20媒体以上が報道。結果、100万人以上がダウンロードした人気アプリに。
 
~ C社(研修会社)~
会社立ち上げから2年間で、40以上の媒体に露出。
わずか1年間でクライアント企業が200社を超え、大阪進出を果たした。NHK「首都圏ネットワーク」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、日経新聞本紙朝刊、日経MJ、産経新聞、週刊ダイヤモンド、東洋経済オンライン、月刊レジャー産業、近代食堂、日本外食新聞など。

セミナー参加者の声

  • 「具体的に何をすれば良いか、という呈示があったのが、たいへん参考になりました。」(ソフトウェアメーカー)
  • 「お話いただいたノウハウ全てとても参考になりました。是非、参考にさせていただきます!」(SI・人材サービス)
  • 「ただ多く送れば良いのではなく、興味を持って貰える方を探す方法が明確になっていて、わかりやすかった」(敎育)
  • 「具体的にどうすれば、マスコミ露出に繋げられるかを説得力のある言葉でご説明いただいたので、非常に参考になりました。」(フリー)
  • 「広報の近道を具体的に、わかりやすく学べました。」(商社)
  • 「有名になってからでないと取材なんて無理だと思っていたがそうでないことがわかった。
  • 「どうすればマスコミに取材して貰えるかという攻め方を知ることができた。」(アパレル)

【第2部】マーケティングセミナー

 
こんな風に考えていませんか?
 
「マーケティングだけでは限界かも... 広報PRでメディア露出して、爆発的に売上を改善したい!」
 
そうお考えとなったきっかけは、こんなお悩みではないですか?

  • 「いつかきっと成功する!」
    そう信じて得意な方法に頼って売上をあげてきたけど... もう限界かも...
  • 「今のやり方を続けて、本当に会社を成長させ続けるられるのか?」
  • 「売上やお金の心配をするのはもう嫌だ!
  • 「ウチの会社には何が必要なんだろう?」
  • 「自分に足りないものは何だろう?」

『広報PR』は『広報PR』、
『マーケティング』は『マーケティング』、
 
そう、全く異なる戦略なのです。
 
本マーケティングセミナーでは、

  • CR(反応率)をアップする方法
  • V(閲覧数)を増やす方法
  • 集客施策を増やす方法

について、ご案内いたします。

具体的には、下記のような集客の仕組みです。
 
(以下、一旦、読み飛ばしていただいて問題ございません)

1. CR(反応率)をアップする方法

  • 1.USP/UVP
  • 2.見込顧客の明確化「ベストフォーミー」
  • 3.緊急性、限定性、ニュース
  • 4.巨人の肩の上に乗る
  • 5.概念図やチャート
  • 6.ティーザー
  • 7.Google トレンド
  • 8.フォローコール
  • 9.ベストプラクティスのトークスクリプト
  • 10.ステップ
  • 11.国の政策、法改正など
  • 12.トレンド
  • 13.イベント性
  • 14.AIDA(アイダ)
  • 15.マーケティングを2 ステップにする①
  • 16.マーケティングを2 ステップにする②
  • 17.いきなりコクるな!
  • 18.だから何?
  • 19.特典
  • 20.オファーの内容を工夫する
  • 21.席種(チケットの種類)

2. V(閲覧数)を増やす方法

  • 22.ランディングページ(LP=セミナーの募集ページ)
  • 23.チラシを作る
  • 24.キャッチーなメッセージ
  • 25.ジョイントベンチャー(主催依頼)
  • 26.ジョイントベンチャー(無料出演)
  • 27.ジョイントベンチャー(チラシ配布)
  • 28.ジョイントベンチャー(共同開発)
  • 29.ジョイントベンチャー(共同セミナー)
  • 30.ジョイントベンチャー(組織票)
  • 31.ジョイントベンチャー(ネットワークビジネス)
  • 32.ジョイントベンチャー(告知依頼)
  • 33.ジョイントベンチャー(複数講師でのコラボ)
  • 34.バーター
  • 35.フェイスブック広告

3. 集客施策を増やす方法

  • 36.無料のメディア
  • 37.友人、知人への告知依頼
  • 38.Facebook のイベントページ
  • 39.メルマガ発行者への告知協力依頼
  • 40.アフィリエイト
  • 41.セミナーポータルサイトを活用する
  • 42.他社セミナーでの営業活動
  • 43.異業種交流会
  • 44.スポンサー
  • 45.出版する
  • 46.出版物への折込
  • 47.ラジオ+α
  • 48.交通広告
  • 49.雑誌、新聞、専門誌などの紙媒体
  • 50.テレビ
  • 51.YouTube
  • 52.Facebook
  • 53.スピーチスロット購入
  • 54.携帯、スマホへのアプローチ
  • 55.FAXDM
  • 56.ウェブ広告
  • 57.チラシ(自ら持ち歩き、自ら配る)
  • 58.チラシのポスティング
  • 59.チラシをPDF にして、Facebook やメールで告知
  • 60.駅前や大型のイベント会場近くで、チラシを配布
  • 61.地域のコミュニティや店舗での告知
  • 62.名刺の活用
  • 63.過去の使われていない顧客データベース
  • 64.プレスリリースする
  • 65.代行会社
  • 66.知り合いに電話する、うまくいっている人に相談する
  • 67.ファン化

本マーケティングセミナーでは、
これら『67の集客システム』の一部をご紹介させていただきます。
 
このようなマーケティングの情報はあふれているのに、
多くの会社は、なぜうまくいかないのか?
 
その理由は明白です!

  • マーケティングの本質的な基本理論を学んでいない場合、再現できない
  • 具体的な事例と共に学んでいない場合、実践応用できない

本マーケティングセミナーでは、
下記4つの基本概念を学んでいただくと共に、具体的事例を交えた演習を通して、本質的かつ実践的なマーケティングノウハウを習得していただきます。

  • 戦略を構想する
  • 戦術で前に進む
  • 宣伝で広げる
  • 体験を設計する

講師

 

須田照丈
セミナーズ認定スピーカー/アドラー心理学に基づく認定プロコーチ 須田照丈
 
東京都出身。日本大学卒業後、医療機器メーカーに入社。入社後、配属された店舗にてわずか2ヶ月で全国TOP2%に入る集客実績を上げその功績が認められ、1年目より営業マネージャーに抜擢。その後、店長職の採用・育成・営業研修を担当、担当エリアで10年連売上1億円を達成。しかしながら、継続的な売上構築の壁に当たり、現状を打破したいという想いから個々の能力を最大限に引き出すコーチングを学ぶ。その結果、目標達成力が上がり売上低迷店舗の改善に大きく貢献。 その噂が広がり、口コミのみで年間100人の会社員・個人事業主等に、目標達成・キャリアデザイン・ビジネス構築をテーマにコーチングを実施し多くのビジネスパーソンの目標達成に貢献。

セミナー参加者の声

湘南美容外科クリニック 相川佳之様
湘南美容外科クリニック 相川佳之様
 
当院は、今では業界トップになることができましたが、セミナーズから教えてもらったマーケティングを、ただ実行してきただけなんです。本当にそれだけです。そのコンテンツがあまりにも濃く一度学んだだけでは消化しきれないと思いますので、繰り返し、繰り返し学ぶことをお勧めします。
セミナーを受けてからもう数年たちますが、今でも紹介された書籍やセミナーのテキストを読み返しては復習しています。

株式会社A.Style 髙橋彩様
株式会社A.Style 髙橋彩様
 
2014年にセミナーズで学んだマーケティングを活用し、新しいプロジェクト『真の健康100万人プロジェクト』が発足。プロジェクトのミッション、ビジョン、バリューを明確にし、各専門家とコラボやパートナーシップを促進。日本全国に仲間を増やし、健康セミナーやイベント開催など実践行動したことで、2年で収入は3.7倍に。

株式会社コーチエンタープライズ 諸橋奈々様
株式会社コーチエンタープライズ 諸橋奈々様
 
2010年からセミナーズのマーケティングを自社にも取り込んだ結果、それまで存在していた紹介制度が最適化し、売上の98%がクチコミと紹介で成り立つようになりました。そして、自社で実証済みの紹介制度を再構築し、その紹介システムをクライアントに導入したところ、1ヶ月で2.5倍の売上を達成するという実績をだすことができました。

ビジネスプロデューサー 今野富康様
ビジネスプロデューサー 今野富康様
 
セミナーズの提供するマーケティングの投資対効果は絶大だと感じています。私の場合は、初期費用を1カ月で回収しました。教えてもらった戦略を組み合わせた提案をしたら、すぐに年間コンサルティング契約を頂くことができたのです!また、このマーケティング戦略をベースにアドバイスをしてみたら、クライアントの収入が契約後2カ月で2倍になり、とても喜んで頂きました。こんなことなら、もっと早く学んでおけばよかったです。

その他の方のお声(一例)

  • 「全体のごく一部とはいえ、内容が大変充実していました。3日間の本講座に関しても、とても魅力的なオファーだったのですが、残念ながら今は他の講座を受講中のため、本講座の参加を見送る結果となったのですが、タイミングがあっていたら間違いなく参加していました。」
  • 「今回で2回目ですが、自分に足りない部分がはっきりと分かり、前回はぼんやり分かった気がしていたのが、今回で自分のやるべきプログラムのアウトラインがはっきり明確になりました。セミナーを受けるにしてもより明確な視点を切り口として問題解決への糸口を持つことができました。」
  • 「想像していたよりも、すごくいい内容でした。まだまだ続きを聞かせて頂きたいです。」

 

【経営者向け】広報PR×マーケティングセミナー

 
日時: 2018年5月15日(火) 14:00~17:00(受付開始 13:30)
会場: セミナーズ西新宿キャンパス
    新宿区西新宿8-4-2 野村不動産西新宿ビル4F
    ・JR新宿駅から徒歩9分
    ・丸ノ内線西新宿駅から徒歩1分
定員: 先着20名
費用: 5,000円(税込)
 
セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方は3,000円となります。

お申し込みフォーム

申込内容
会社名(必須)
フリガナ
ご担当者(必須)
フリガナ
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
住所(必須)
個人情報の取り扱い
以下にご同意いただける場合は、
チェックボックスに、チェックをお願いいたします。

ご入力いただいた情報は、
弊社ベンチャー広報および株式会社ラーニングエッジ(セミナーズ)にて共有させていただきます。

お申し込み後、双方よりセミナーに関するメールを送らせていただきます。なお、メールに対するお問い合わせおよび配信停止の手続き等は、各メールの送信元企業にご連絡ください。

お申し込み前に、弊社ベンチャー広報および株式会社ラーニングエッジ双方のプライバシーポリシーのご確認をお願いいたします。

※チェックを入れないと送信できません。
文字を入力して下さい(必須)
captcha