広報マンである前に、いち読者、いち視聴者たれ

ベンチャー広報の野澤です。

私がPRコンサルをしている会社の若い広報担当の方で「自宅にテレビがないので、テレビはほとんど見ません」という方が結構いらっしゃいます。

これも時代の流れなのでしょうが、一般の方ならまだしも、広報PRに携わる人間としては失格です。

テレビマンは視聴者のために番組を作っています。新聞の記者、雑誌の編集者は読者のために記事を書いています。

広報担当者として、「ぜひうちの会社を取材してください」とマスコミの方にお願いする立場にあるにも関わらず、その相手の媒体(新聞、雑誌、テレビ)を見ていないなんて、こんな失礼なことはありません。

全ての新聞、雑誌を定期購読しろ!とは言わないまでも、新聞記者や雑誌の編集者にアポイントを取って訪問する場合には、事前に相手の媒体の最新号を購入し、ひととおり目を通すのが最低限の礼儀です。

私は、新聞記者の方に初めてお目にかかる際には、相手の記者の方が過去に書いた記事を1,2年分集めて、その記事を全て読んでからお会いしにいきます。

面識のないマスコミの方にアポイントの電話を入れるときでも、「いつも○○○○(媒体名)さんを楽しく拝見しています」からトークをスタートした方が、話がスムーズに進みます。
(これは効果的なので、ぜひ試してみてください)

広報PRに携わる皆さまはお忙しいかと思いますが、ぜひ時間を見つけて、新聞や雑誌を読み、テレビを見ましょう。
仕事だから仕方なくやる、ではなく、習慣付けましょう。

このベースがないと、広報PRは何をやってもうまくいきません。

「広報マンである前に、いち読者、いち視聴者たれ」
をぜひ心がけてみてください。

nozawa2
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。

-->